だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンズC 予想

Posted by 松友ひろし on   4 comments   0 trackback

冬はキライです。
何故って? ・・子供たちが病気するから(苦笑)
長男が嘔吐下痢の症状を見せているのが不安ですが・・(;´Д`)


・チャンピオンズC 予想

◎ホッコータルマエ
〇ローマンレジェンド
△コパノリッキー
△ノンコノユメ

理由? 何となくです(;^ω^)
・・ウソです(汗)

(比較するレース数が少ないのでアレですが)東海Sと比較した場合、ペースが落ち着きやすいのかな?と。
原因として、外人騎手が多いことが考えられると思います。
ヨーロッパ系の騎手が(慣れない)ダート戦に騎乗するので、逃げた騎手の思い切りのいいペースが作りにくいのかも?

実際、東海Sはコース追い(CW)の好走が目立つのですが、
昨年のチャンピオンズCは坂路追いの掲示板独占となりました。

ラスト1F最速ラップを刻み、昨年よりも状態の良さそうな2頭に期待してみたいと思います。

スポンサーサイト

ジャパンカップ 予想

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

全く買う気の起きないジャパンカップですが・・(苦笑)


・ジャパンカップ 予想


◎トリップトゥパリス
〇ラブリーデイ
☆イラプト


JC(2015①)

JC(2015②)


外国馬の実力を見せ付けろっ!!!

JC(2015③)

JC(2015④)


という可能性が大ですが(汗)、本命にした理由はただ一つ!

調教師が・・あの有名な・・!!!!

だんろっぷ

(余談ですが、私が普段使っているものと色違いの安全靴。 私のは青色(笑))



・・という冗談にもならないハナシは置いといて(苦笑)。


今回のジャパンカップを【調教】というファクターで考えた時、
ピッタリと嵌る馬がラブリーデイ1頭だけという結論に達しました。

しかし、勝ち切れるだけの能力があるかと考えると・・イマイチ説得力に欠ける印象。

ならば、外国馬を狙ってみるのもアリかな?と。

調教の動きから日本の芝は合っている感じで、

なにより豪州競馬で天皇賞(春)2着のフェイムゲームを置き去りにした実力を評価。
(コーフィールドCは短い直線なのに末脚を発揮して2着。 しかも直線入り口で前が詰まる不利)

ってか、招待競走と銘打っておきながら、日本馬(Y田一族)の為のレースになり下がったジャパンカップ。
本気で【強い外国馬】を招待しようとしないJ〇Aに、是非とも一泡吹かせて欲しいという願望を込めて。
どうせ当たらないと思っているので(苦笑)、少額で楽しみたいと思います。

マイルCS 予想

Posted by 松友ひろし on   2 comments   0 trackback

Mタキオンさんからのコメントについて



・イスラボニータ  ・・  美浦南W(重馬場)、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
≪外厩:無し≫
【81.7-65.8-51.2-37.5-11.8】

仕掛けられてからの反応は良かったが、少し頭の高い走りで前脚の踏み込みがイマイチだったのは気になる。


状態としては悪くないと思います(むしろフォトパドックや最終追い切りは≪良過ぎた≫印象です)。
右回りに関しても、手前をコロコロと替える馬なので、あまり気にしなくてもいいかな?と思います。

個人的には今回はあまり評価しません。

理由として、今回が【外厩帰り3走目】であること。
馬の能力はトップクラスだと思いますが、古馬GⅠを勝つための能力が【厩舎】にあるかどうか?

イスラボニータ(マイルCS)

古馬混合重賞における6F追い切り時の結果は上記の通りです。
確かに≪メイチ仕上げ≫と言われれば納得しますが、逆の視点で言えば《調教でピークを迎える》ことにもなりかねない。
同じ世代の馬(クラシック戦)であれば能力の違いで押し切れるでしょうけど・・。
もし勝ったら素直に降参・・ですね(*_*;



・モーリス  ・・  美浦南W(重馬場)、併せ馬《内:遅れ》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
≪外厩:ノーザンF天栄≫
【52.4-38.0-12.1】

併走馬のリアルインパクトに遅れたこと自体は問題無いと考えています。
(実際、安田記念の最終追い切りでも遅れており、評価を下げて痛い目に遭いましたから(;´Д`))
春からの成長は何とも言えませんが(汗)、元々が能力のある馬でしょうから・・ねェ(苦笑)
兎にも角にも、半年振りのぶっつけで馬の能力+ムーアの神騎乗がどこまでやれるのか・・でしょうね。





・マイルCS 予想

◎ダノンシャーク
△フィエロ
△カレンブラックヒル
△ロゴタイプ

・・うん、全ッ然ワカラネェ~((+_+))

ダノンシャーク

なので、
【栗東坂路調教馬、4Fが53秒以内、2Fが25秒以内で終い最速ラップ】の馬をチョイス。
(ダイワマッジョーレも怖いンだけど・・、一昨年のようなペースになりそうにないので(難))

ダノンシャークは(基本的に)斤量58kg以上では洋ナシなお馬さんなので(苦笑)、
57kgで走れる今回は期待出来るのではないか?と思います。(なんてったって昨年の勝ち馬ですし)


そして・・、少し深読み。

同じ馬主のダノンプラチナ(富士S勝ち)は、マイルCSではなく香港マイルを選択。
同じ厩舎のスマートレイアーは(馬主の意向もあったのかは定かではないケド)エリ女に出走(5着)。

これって・・、
今年のマイルCSはダノンシャーク一本で・・てコト??

う~ん・・、何か騙されてる気がプンプン(。-`ω-)

まァ、今週もダメっぽいので(汗)、来週は頑張ります(苦笑)

エリザベス女王杯 予想

Posted by 松友ひろし on   2 comments   0 trackback

ただでさえ牝馬限定戦はニガテなのに雨馬場とか・・当たる気がしません(;´Д`)


・エリザベス女王杯 予想

◎ルージュバック
〇ラキシス


・・・てんでワカリマセン(苦笑)
どうせ雨馬場(道悪馬場)になるだろうから、雨に強そうな走りをする+ツナギの立ったタイプを狙ってみます。
ヌーヴォレコルトのオールカマーは完全な勝ちパターンだったにも関わらず、
ショウナンパンドラにアッサリと交わされてしまったのが不満。(馬体を併せなかったというのもあるけれど・・)
思ったよりも馬体の成長が無く、昨年2kg差だったラキシスと同斤量&大外枠は・・どうでしょうか??
ならば、素直に(個人的に現:世界ナンバーワンジョッキーのライアン・ムーア騎乗)ラキシスの本命を打ちたいが、
最終追い切りで謎の単走追いというイミフメイ凡人に理解出来ない選択をしてきた角居先生に疑問符。
(今までの最終追い切りは併せ馬(3頭併せ馬)だったハズなのに・・中一週でJC狙いですかね?)
調教なんかカンケイネェ~!!(苦笑)と、オークスで調教診断泣かせの激走を魅せたルージュバックに期待。
・・・調教内容からは期待出来る感じではないンですけどね(;´∀`)

今週は・・

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

週中(水曜日)に4台の多重玉突き事故(信号待ちの前から2台目。停止中だったので過失はゼロ)に遭い、
新車で購入した車が8ヶ月で廃車になるという・・もゥ・・笑うしかない(ノД`)・゜・。
色々とバタバタしていて(競馬を始めてから)初めて『競馬どころじゃない』という状態に(苦笑)
まァ・・それでも馬券は買うのですが(;^ω^)



アルゼンチン共和国杯 予想

◎メイショウカドマツ  【指名馬】

フツ~にゴールドアクターでいいとは思うのですが、少しハンデを見込まれたかな?と。
逆に思っていたよりも軽かったのがメイショウカドマツ。
そして何より・・【この馬の調教映像が無い!!】(笑)
何故か好走する時は調教映像がないという不思議ちゃん。 ただ、タイムだけで言えば前走からの上積みはありそう。
調子の出てきた鞍上がESPを発動しないことを祈りつつ(苦笑)、複勝を少し買ってみます。



みやこS 予想

◎クリノスターオー
〇ローマンレジェンド

ダノンリバティには恵みの雨だと思うのですが・・、
上記2頭にとっては【願ってもない雨】という感じ。
みやこS(というか京都1800mダート)は速い時計を持っていないと勝負にならない+栗東坂路調教馬が好走しやすい。
ダノンリバティの最終追い切りは動きは良かったのですが・・相手がクリソライトなので何とも(苦笑)
勝たれたら仕方なしで、馬連を少し買ってみます。

天皇賞(秋) 予想

Posted by 松友ひろし on   4 comments   0 trackback

競馬の予想は《迷路》みたいな感じですね。
悩めば悩むほど、深みに嵌ってレースの本質を見抜けなくなってしまいます。


例えば・・。

宝探し

ルール① : 制限時間5分以内にゴミ屋敷の中から宝(指輪)を探し出してください。
ルール② : 入り口のドアが閉まってのスタートになります。
ルール③ : 途中で外出した場合は失格となります。
ルール④ : 宝はこの部屋の中に必ずあります。


競馬の予想を【ゴミ屋敷】として、その中から【的中(宝)】を見つけ出す。
色んなデータやパターンを駆使したり、必死に部屋を漁って探したとしても一向に見つからない。
・・何故か!?


実は・・、

宝探し(回答)

赤丸で示した場所に宝が眠っています。(青矢印方向にドアが閉まってスタートする)
ドアが閉まるまでの間は【宝は部屋の中に存在する】が、一度ドアが閉まってしまうと見付けることが出来ない。
答え(本質)というものは、案外、立ち止まって視点を変えてみることで見えてくるのかもしれませんね。




・天皇賞(秋) 予想

◎イスラボニータ
〇ディサイファ
△ラブリーデイ
△エイシンヒカリ



今回の天皇賞(秋)で重要なのは、《エイシンヒカリが(恐らく)逃げる》ということだと思います。
エイシンヒカリが逃げた場合、他にペースを乱す馬が出現しない限りは、
毎日王冠と同じようなレース質になると考えます。
つまり、
《後方に待機した馬は届かず、好位から競馬が出来る馬が好走する》
可能性が高いのではないか?という結論に達しました。


イスラボニータの調教タイムですが・・、

イスラボニータ

詳細は割愛(苦笑)。
内目を通っていますが、併走馬をギリギリまで交わさなかったのはソラ矯正の調教という感じ。
(自分の記憶で)天皇賞(秋)で先行して馬券圏内に入った3歳馬はいなかったような・・?
今年の成績が奮わない&大外枠&厩舎成績がアレというのは気になりますが、
調子の上がって来た人馬に期待したいと思います。


ディサイファの調教タイム

ディサイファ


基本はイスラボニータの単複と◎〇のワイドで勝負。
ハズれたら・・、ブログ引退します(;^ω^)

菊花賞 予想

Posted by 松友ひろし on   1 comments   0 trackback

・菊花賞 予想

◎ブライトエンブレム


色々と不安要素があり、直前のパドック・返し馬を観てからにしますが、現時点での本命です。


トライアル戦(セントライト記念、神戸新聞杯)に関しては【外厩】帰りの馬が多く、
本番(菊花賞)は在厩(外厩に出すと間に合わない)での調整になります。


・セントライト記念(2015年)

《1着》 キタサンブラック   ・・  宇治田原優駿S
《2着》 ミュゼエイリアン   ・・  社台F山元TC
《3着》 ジュンツバサ     ・・  ノーザンF天栄
《4着》 ウイングチップ    ・・  社台F山元TC
《5着》 ベルーフ        ・・  ノーザンFしがらき


・神戸新聞杯(2015年)

《1着》 リアファル       ・・  ノーザンFしがらき
《2着》 リアルスティール   ・・  ノーザンFしがらき
《3着》 トーセンバジル    ・・  外厩なし
《4着》 バイガエシ       ・・  外厩なし
《5着》 ジュンスパーヒカル  ・・  外厩なし

※ピンク文字は菊花賞出走馬


神戸新聞杯に関して、3着以下からの逆転は(個人的に)厳しいと考えています。
では、上位2頭はどうか?

・リアファル      ・・ 中間で時計を出したのは坂路調教のみ。京都3000mに適した調教内容ではない。
・リアルスティール  ・・ 骨折明け緒戦後ということを考慮して時計を出し始めた時期が少し遅い。

能力でリアファルがアッサリという可能性は否定しませんが、積極的に買いたいという感じではないですね。



条件戦からの上がり馬は・・、書くのがメンドイので割愛(苦笑)
スティーグリッツが穴人気しているようですが、調教に関しての強調点はあまり無いかな?と。
(ちなみに・・、前走の九十九里特別は【ノーザンFしがらき】経由。 今回は在厩。 後はお察し下さい(汗))




セントライト記念組は7頭。
ブライトエンブレム以外は【外厩】経由。(厳密に言えば、ブライトエンブレムも外厩みたいなもの?)

タンタアレグリアとブライトエンブレムは前走後、栗東留学というカタチで早めに栗東入り。

ブライトエンブレムは昨秋(朝日杯FS出走時)も栗東留学を実施しているが、結果は7着。
これは、1600mという距離を意識して【坂路調教メイン】とした為に、当日のテンションが高くなってしまった印象。
今回は【CW(コース)と坂路の併用調教】を実施しており、最終追い切りも先着。
(前走のセントライト記念は美浦南Wで併入だが4F追い。 今回は2週連続で栗東CW6F追い先着)


走り方を見ても小回り向きの走りではなく、むしろ広いコースでこその馬だと思っています。
(新馬戦のように伸びるストライドで走るので、春の中山でこの結果を出せたことが異常(苦笑))

調教のやり過ぎで当日のテンションMAXという危険性はありますが、
フォトパドックの印象+調教内容の強化+コース替わり(距離延長)+デビューから乗り替わり無し
というところに期待してみたいですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。