だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーリントンカップ 調教診断+予想

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

同僚が【溶連菌感染症】の疑いがあるらしく、療養中・・(泣)
明日、小倉へ参戦のつもりだったのですが・・仕事が終わらない可能性が非常に高いです(汗)
たとえ日付が変わっても、仕事を終わらせて何とか小倉参戦を目指します!!
(土曜競馬の予習?? じぇんじぇん出来ておりません(苦笑))



【《松友ひろし》の(アテにならない)調教診断】
『アーリントンカップ 編』(簡易版)です。



・アドマイヤメテオ ・・ 栗東坂路、併せ馬 (末仕掛け)
【53.4-39.4-25.9-12.6】
(B) 牝馬みたいな(馬体に関して)細さを感じる。
追われてから頭が上がり気味だったのは気になる。


・エイシンブルズアイ ・・ 栗東CW、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け)
【83.2-67.2-53.0-38.7-11.6】
(B+) 仕掛けられてからの反応が素晴らしい。
本質的には京都向きだとは思うが、それでも基本能力は相当高いと思う。


・グッドスピリッツ・・ 栗東坂路、併せ馬《内:併入》 (末仕掛け)
【52.9-39.1-25.9-13.1】
(B-) 多分、右に併走馬を置いて無かったら右にモタれてしまいそうな走り方。
(右回りコースなので)内ラチ沿いを頼りに走れればいいが、それでも走り全体が軽い印象。


・グランフィデリオ ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:併入》 (一杯)
【51.0-37.7-24.9-12.7】
(B) 前走が船橋の未勝利戦? はて?? と思ったら・・【あの馬】ですか(苦笑)
最後まで気を抜かせない調教内容で、ビッシリと追っています。
全体タイムが速く、最後までしっかりと走れていますが、長い直線が合うかと聞かれると・・??ですね。


・タガノグランパ ・・ 栗東CW、併せ馬《内:遅れ》 (強め) 
【95.2-79.6-65.3-51.4-38.7-13.1】
(B) 長めから追って最後きつくなったからなのか、頭が高く首が使えていない走り方。
阪神は合うと思うが、どちらかと言えば小回りの方が良さそうな印象。


・タガノブルグ ・・ 栗東坂路、単走 (末強め)
【52.2-38.3-24.6-12.2】
(B) 前脚を叩くように掻き込むので、力の要る馬場(重馬場)は合っていそう。
ただ、意味もなく2回も手前を替えていたのは気になる。


・フェルメッツァ ・・ 栗東坂路、単走 (強め)
【52.6-37.7-24.4-12.2】
(B) 走り自体は悪くないと思うが、力強さが足りない印象。
跳びの大きい走りで外回りは合っていそう。・・でも、馬場悪化は良くなさそう(苦笑)


・マキャヴィティ ・・ 美浦南W、併せ馬≪内:先着≫ (末仕掛け)
【84.7-68.7-53.6-39.2-12.6】
(B) 右前脚の力強さ(踏み込み)が際立っているので、左回りコースの方が良さそう。
芝でもやれないことはないと思うが、スピード決着になると厳しいかもしれない。


・ミッキーアイル ・・ 栗東坂路、単走 (末仕掛け) 
【51.5-37.8-24.5-12.2】
(B+) 時計と動きだけなら(A-)評価なのだが、ゴール直前の手前替え(左⇒右)が気に入らない。
それでも、左手前の走りは力強さが感じられたので、ここは期待通りの走りが出来ると思う。


・レッドルシファー ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:併入》 (末仕掛け)
【53.4-39.5-25.8-13.1】
(B) 併せられた時の反応がイマイチな感じを受けた。
もう少し距離があった方がいいのかもしれない。 動きは悪くない。



《予想》
◎エイシンブルズアイ (7着)
○ミッキーアイル (1着)
▲タガノブルグ (4着)

《結果》
ハズレ・・(泣)
スタート100mで『アカン・・』となりました(汗)
誰も絡めない(絡まない?)スピードには驚くばかりですね(苦笑)



根拠?ありません(苦笑)
三連単1点で宝くじ馬券です(笑)

スポンサーサイト

中山記念 & 阪急杯 フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   1 comments   0 trackback

月末&花粉症&同僚がインフルで休み・・と見事なデルタアタックに苦しめられているひろしです(苦笑)
今週は【手抜き】の可能性が高いですが、何卒、ご了承下さい(謝)



【《松友ひろし》のフォトパドック診断】
『中山記念 編』です。



・ヴェルデグリーン ・・
(良い意味で)ゆとりがある、(悪い意味で)緩さがある、そんな印象です。
前走と遜色ないデキにはあると思いますが、1800m(内回り)は少し忙しい感じがします。


・ロゴタイプ ・・
約半年振りのレースになりますが、少し腹回りに余裕が感じられます。
馬体的には小回りコースが向いていると思うので、後は斤量次第ではないでしょうか。


・トウケイヘイロー ・・
前々走(天皇賞・秋)との比較になりますが、柔らかみ(しなやかさ)が感じられる馬体になりました。
もう少しお尻の筋肉が欲しいところではありますが、力は発揮出来る状態にあると思います。


・エアソミュール ・・
函館記念時との比較になりますが、当時と比べてかなり良くなっている印象です。
ただ、後肢が流れたような立ち方をしているので、中山(小回り)コースはどうでしょうか?


・ジャスタウェイ ・・
天皇賞(秋)と比較して、まだまだ良い状態とは言えない印象があります。
覇気・(内面の)筋肉の張り・闘争心と、(私個人は)足りないと判断します。


・アルキメデス ・・
瞬発力のありそうな馬体で、バネが強そうな印象を受けます。
だからこそ、中山の【小回り・急坂コース】をこなせるかどうか?が、興味深いところです。




【《松友ひろし》のフォトパドック診断】
『阪急杯 編』です。


・ダノンシャーク ・・
東京新聞杯時のカラ輸送による影響は(写真を観る限りは)あまりないと思います。
ただ、小回り1400m仕様の馬体という感じはないんですよねェ・・どうなんでしょう??


・カレンブラックヒル ・・
う~ん・・マイルチャンピオンシップ時と比べると『良くなった!』という感じはしないんですよねェ(汗)
器用さはありそうなので、開幕週の馬場なら面白そうですが・・・。


・レッドオーヴァル ・・
少し冬毛が目立ちますが、馬体そのものは悪くないと思います。
いかにも切れそうなイメージの馬なので、阪神の小回りが合うかどうか?試金石の一戦という感じです。


・コパノリチャード ・・
【冠名 コパノ】は、今後・・要注意して観ることにします(苦笑)
もう少しお尻に筋肉(丸みを帯びる)が付いてくれば完璧だと思いますが、
昨秋に比べて、後脚(ツナギ近辺)が太くなっており、パワーを感じる馬体です。


・ガルボ ・・
阪神C2着馬ですが、あれは【超スローの事故レース】なので何とも・・(汗)
(個人的感覚ですが)腰~お尻にかけてのラインが下がって見えるので、
平均ペースでの【小回り・急坂】に若干の不安を覚えます。


・サンカルロ ・・
腹回りに少し余裕を感じるので、【叩き台】の印象もありますが、状態は悪くないと思います。
この馬は、写真映りが悪かろうが調教が悪かろうが《阪神1400mの申し子》なので、
もう・・とやかく書きません(苦笑)

共同通信杯 調教診断+予想

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

【競馬】とは、馬と人が織り成すレースであり、
如何に馬の出来が良くとも人の意識で凡走もあり得る。
人の技術が冴え渡れば力無き馬の激走もあり得る。

【GⅠ】とは、最高峰のレースであり、最高のパフォーマンスを魅せる場所。

(結果についてとやかく言うつもりはないが)
全員(全馬)が100%力を出し切れていないレースに感動は無い。
感動を生まないレースに(自分の大切な)お金を賭けようとは誰も思わない(・・ハズ)。
(目に見えて)死力と尽くしたレースであれば、現場(観客)から歓声が沸き起こり、
例え予想がハズれたとしても、『(狙った馬が)頑張ったんだから仕方ない』と諦められる。

死力を尽くせば馬の消耗が高まり、賞金が稼げなくなるという馬主の意向も分かる。
しかし、そのような【お坊ちゃん馬・お嬢ちゃん馬】で世界とまともに戦えるのだろうか?

このようなレースが続くと、(以前にも書いたが)私の【競馬熱】が冷めそうで怖い。
これからも、もっと良いレースが沢山観られることを期待しています。

・・・それでも、もし嫌気が差して調教診断するのが嫌になったらどうしよう?
・・・・・・・
・・・・・・・
そんなひろしに朗報です!
【ウイニングポスト最新作 ≪ウイニングポスト8≫】が3月27日に発売!!
当面はソフトの購入資金を目指して頑張ります!!!
(・・・あれ?家ローンの返済は??(苦笑))
コーエイさん、ソフトが沢山売れたら・・何か下さい(汗)



【《松友ひろし》の(アテにならない)調教診断】
『共同通信杯 編』(超簡易版)です。

※一週前の・・いわゆる【ボツネタ】です(汗)

・イスラボニータ ・・ 美浦南W(稍重馬場)、3頭併せ馬《中:先着》 (末仕掛け)
【66.7-51.2-37.2-12.9】
(B+) 反応が鋭い。大きく走れている。


・ガルバルディ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【97.1-81.3-67.0-53.2-39.7-12.3】
(B) スピード感はないが、跳びがすごく大きい。東京は合いそう。


・サトノアラジン ・・ 栗東CW(稍重馬場)、3頭併せ馬《内:先着》 (末強め)
【82.8-67.6-53.0-38.0-11.5】
(B+) 瞬発力が凄い。ヒョウみたいな走り(汗)


・ショウナンワダチ ・・ 美浦南W(重馬場)、単走 (末仕掛け)
【66.3-50.3-37.1-13.1】
(B) 高脚気味の走り。1800mは長い気がする。


・ピオネロ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、3頭併せ馬《中:併入》 (末仕掛け) 
【82.1-66.4-51.8-38.1-12.6】
(B) 少し力みが感じられる。この一追いで変わる可能性有り。


・マイネルフロスト ・・ 美浦南W(重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末強め)
【66.5-50.7-37.2-12.5】
(B+) 力強い走り。頭が少し高いが、時計が掛かれば面白い。


・ラインカグラ ・・ 美浦南W(重馬場)、単走 (末仕掛け)
【56.0-41.0-13.0】
(B-) 首が硬く、前脚で叩くような走り。力の要る馬場なら。


・レッドオラシオン ・・ 美浦坂路(重馬場)、併せ馬《外:併入》 (強め)
【54.0-38.3-25.4-12.6】
(B-) ズブい印象。直線の長い東京でも厳しいのではないか?


・ローハイド ・・ 栗東CW(稍重馬場)、3頭併せ馬《外:遅れ》 (一杯)
【83.5-67.4-52.5-39.0-12.1】
(B) 首が使えていない。消耗戦の方が合っていそう。




【《松友ひろし》の(アテにならない)調教診断】
『共同通信杯 編』(超超簡易版)です。

※いわゆる【手抜き】です(苦笑)

・アスペンツリー ・・ 美浦南W、併せ馬《内:遅れ》 (末仕掛け)
【66.9-52.0-38.5-13.1】
(B) 反応イマイチ


・イスラボニータ ・・ 美浦南W、併せ馬《内:遅れ(併入)》 (末仕掛け)
【69.7-54.3-39.5-13.1】
(A-) 大きく走れている


・ガリバルディ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (末強め)
【67.2-52.0-38.3-12.6】
(B) 力強さがない


・サトノアラジン ・・ 栗東坂路、単走 (末仕掛け)
【55.4-40.7-26.2-12.8】
(B+) 調整程度だが伸びは良し


・ショウナンワダチ ・・ 美浦南W、併せ馬《内:先着》 (末強め)
【52.9-38.1-12.7】
(B+) 力みはあるが動きそのものは悪くない


・ネオヴァロン ・・ 美浦南W、併せ馬《内:併入》 (末仕掛け) 
【70.6-54.6-40.4-13.1】
(B) 脚さばきが硬く、頭が高い


・ピオネロ ・・ 栗東CW、併せ馬《内:先着》 (馬なり) 
【99.1-82.5-68.3-53.1-38.9-12.5】
(B+) 先週より格段に良くなり、大きく走れている


・ベルキャニオン ・・ 美浦南W、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け)
【69.7-53.2-38.6-13.1】
(B) 頭は高いが、反応は悪くない


・ラインカグラ ・・ 美浦南W、単走 (末仕掛け)
【56.3-40.9-13.5】
(B-) 先週と変わらない印象で、力の要る馬場で期待出来そう


・レッドオラシオン ・・ 美浦坂路、3頭併せ馬《中:併入》 (強め)
【56.9-39.0-25.5-12.7】
(B-) やはりズブい、今の東京では厳しいと見る


・ローハイド ・・ 栗東CW、単走 (末仕掛け)
【88.5-71.7-56.1-41.1-12.0】
(B) 調整程度、悪くはないと思う



《予想》
◎ピオネロ (5着)
〇イスラボニータ (1着)

《結果》
・・・どうにもなりませんでした(苦笑)
しかし、連日の超スローペースは・・さすがに・・ねェ(呆)
競馬はムズカシイですね(汗)



◎は騎手がアレですが(苦笑)
東京1800mで唯一イスラボニータに勝てると思っているので、
(A-PAT残金の全財産)500円を馬連で勝負します!
・・・頼む、どうにかなってくれ!!!(拝)

フェブラリーS【GⅠ】 調教診断+予想

Posted by 松友ひろし on   8 comments   0 trackback

今年初の(中央)GⅠとなるフェブラリーS。
(・・え?川崎記念??・・『記憶にございません!(苦笑)』)
何とか当てたいのですが、基本的にダート戦に関しては【委託】していますので、
《下手の横好き》で頑張ってみます(汗)




【《松友ひろし》の(アテにならない)調教診断】
『フェブラリーS 編』です。



・アドマイヤロイヤル ・・ 栗東坂路、単走 (一杯)
【51.7-37.8-24.7-12.6】
追い出されてから頭の高い走りになっていたのは気になりますが、
動きそのものは前走より良くなっていると思います。
後は【展開・相手関係】次第ではないでしょうか?


・エーシントップ ・・ 栗東坂路、単走 (一杯)
【51.0-37.4-24.5-12.6】
途中まではしっかりとした走りが出来ていたのに、追い出されてから走りのバランスがバラバラに・・。
全体タイムを見れば『速い!』という印象ですが、動きはそんな感じがしませんでした。
思い切って1200m辺りで逃げてみたら面白そうですが・・どうでしょうね?


・グランドシチー ・・ 美浦南W、併せ馬《内:遅れ》 (一杯)
【67.0-52.3-38.9-13.7】
う~ん・・ビッシリ追われてはいますが、伸びの無い走りをしています。
(基本的に)調教を走る馬ではないのですが、
それを差し引いても前走(東海S)の方が良かったかな?という印象です。


・ゴールスキー ・・ 栗東坂路、単走 (末強め)
【51.8-38.0-25.4-12.9】
フラフラしながらですが、力強く登坂してきます。
でも・・・舌出しは治っちゃいねェ~(苦笑)
もう、こういう馬なんだという風に考えた方がいいのかもしれませんね(汗)


・コパノリッキー ・・ 栗東CW(稍重馬場)、3頭併せ馬《中:併入》 (馬なり)
【98.0-82.0-67.1-52.9-39.3-12.8】
7Fからの追い切りで最後までしっかりと走れています。
追われてからの反応が見られなかったので何とも言えませんが、
この馬なりに調子は上がってきているのではないでしょうか。


・シルクフォーチュン ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (一杯)
【81.2-64.3-50.4-37.7-13.1】
前走(根岸S)に比べて全体時計を約2秒程縮めてきました。
ピッチ走法で一瞬の加速力はあるのですが、やはり展開に左右されるので、
後はハマるかどうかだと思います。


・ソロル ・・ 栗東坂路、単走 (末一杯)
【53.4-38.8-25.5-13.1】
まだしっかりとした走りが出来ておらず、頭も高いです。
ただ、素質を感じる走りをしているので、ここは【試金石】として、
以降の糧となるレースに期待してみたいですね。


・ダノンカモン ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (一杯)
【82.6-66.3-52.1-38.3-11.9】
ラストのタイムは悪くないが、頭が上がってしまって上へ上へと走っている印象です。
昔はもっと首を使った走りが出来ていたと思うのですが・・。
さすがに期待するのは酷かなァ、と(個人的に)思います。


・ドリームバレンチノ ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:先着》 (強め)
【52.3-38.3-25.1-12.5】
・・もう少ししっかりとレースプランを考えて欲しかった同馬。
走ること(調教においても)に対して嫌気が差しているのか、
以前は見せなかった仕草(走り)をしています。
(走られたら仕方なしで)今回は見送りたいと思います。


・ニホンピロアワーズ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【81.1-65.5-51.2-38.0-12.3】
一週前と比較して、タイムは遅くなっていますが動きは良くなっていると思います。
大きく走れており、(一昨年のJCD時)と遜色ないデキに近付いたと感じます。
大橋厩舎と言えば【ナムラタイタン】も有名ですが、同馬も実は≪東京1600m(ダート)マイスター≫。
そのナムラタイタンがメインで行っていたのが栗東DPでの追い切り。
ニホンピロアワーズが昨年からDPに替えていたのは、もしかしてこのレースの為なのか?と
勘ぐって・・失敗しそうな予感がします(苦笑)


・ノーザンリバー ・・ 栗東坂路、単走 (末仕掛け)
【58.6-41.2-25.7-12.4】
恒例の日曜本追い⇒水曜に調整追い切りですね。
身体そのものは使えているのですが、頭の高い走りが気になります。
メンバーが一気に強化される今回が試金石なので、どこまでやれるか?だと思います。


・ブライトライン ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【78.2-63.0-50.0-38.0-13.6】
・・期待してたんだけどなァ(苦笑)
道中飛ばした(折り合いが付かなかった?)為に、終いの時計がかなり掛かっています。
基本、こういう調教をする馬なので問題ないように感じるのですが、
さすがにGⅠでこの調教内容は期待薄と考えた方が良いかもしれませんね。


・ベストウォーリア ・・ 栗東坂路、単走 (末仕掛け)
【53.1-39.2-25.3-12.4】
タイム自体は中一週ということを考えたら十分なものだと思います。
動きも悪くなかったのですが、時折、頭の上がるシーンが見られたので、
その辺りが実際のレースで、どのように影響するかが気になります。


・ベルシャザール ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:併入》 (強め)
【53.2-38.8-25.2-12.7】
昨秋(武蔵野S・JCD)の最終追い切りが【栗東坂路、単走】だったのに対し、
今回は2週連続で【栗東坂路、併せ馬】。
しかも最終追い切りは、併走馬に若干アオられ気味(のように見える)な印象を受けます。
走りそのものが悪いというワケではないですが、やはり100%という感じはしません。
また、(私の中で)クリスチャン・デムーロ<<<クリストフ・ルメールという位置付けなので、
パワータイプのベルシャザールを御するイメージがあまり湧かないので、少し評価を下げてみます。


・ホッコータルマエ ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:併入》 (末仕掛け)
【54.8-39.6-25.2-12.2】
ソラを使うことに対しての調教でしょうか?意識的に仕掛けを遅らせている印象です。
最後に右手前となった走りは大きく身体を使えていたので、状態は悪くないと思います。
JCD時の追い切りが単走だったのに対し、今回は併せ馬を行ってきたということは、
闘争心を鍛えるという良い方向に向いてくれて・・いるハズです(汗)


・ワンダーアキュート ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【84.0-68.3-53.0-39.1-12.7】
終い重点の追い切りで、動きそのものは悪くなかったと思います。
ただ、気になる点が一つ。
残り200m辺りで鞍上が仕掛けた際、その後、頻りに【下方向(胴体?脚元?)】を気にしています。
普通ならば前を見ないと危険(時速50km/hで走る生き物の背中に乗っている)なのに、
そこまで【何を気にしていた】のでしょうか?
(個人的な考えになりますが)やはりフォトパドックの脚元なのかな?と勘繰りたくなりますね。



【重賞攻略会議】にも書きましたが、過去5年間(上位馬)の最終追い切りについて考えます。

【2013年】

《1着》グレープブランデー [栗東坂路(不良馬場):単走 (一杯)]    【55.4-40.2-25.3-12.3】
《2着》エスポワールシチー [栗東坂路(不良馬場):単走 (末仕掛け)] 【56.2-39.3-24.9-12.3】
《3着》ワンダーアキュート [栗東坂路(不良馬場):単走 (一杯)]    【55.2-40.1-26.3-13.8】
《4着》セイクリムズン   [栗東坂路(不良馬場):単走 (一杯)]    【54.5-39.7-25.6-12.7】
《5着》シルクフォーチュン [栗東CW(不良馬場):単走 (馬なり)]   【66.1-50.2-37.2-12.8】


13年  良馬場    勝ちタイム  1,35,1  前半4F 46.5 - 後半4F 48.6

 1着  2  グレープブランデー        7- 7
 2着  6  エスポワールシチー        2- 2
 3着 10  ワンダーアキュート       10-10

 12.2-10.8-11.6-11.9 - 12.1-12.1-12.0-12.4



【2012年】

《1着》テスタマッタ    [栗東坂路(重馬場):併せ馬(外遅れ)(一杯)]【57.6-42.4-27.7-14.1】
《2着》シルクフォーチュン [栗東CW(重馬場) :単走 (一杯)]    【84.2-67.0-51.7-38.1-13.7】
《3着》ワンダーアキュート [栗東CW(重馬場):単走(末仕掛け)]    【85.2-68.5-53.4-39.5-12.9】
《4着》ダノンカモン    [栗東CW(重馬場):単走 (一杯)]     【84.9-69.3-54.9-40.9-13.0】
《5着》エスポワールシチー [栗東CW(重馬場):単走 (末仕掛け)]   【83.7-67.5-53.1-39.4-12.4】


12年  良馬場    勝ちタイム  1,35,4  前半4F 46.6 - 後半4F 48.8

    馬番   馬名            3角 - 4角通過順

 1着 16  テスタマッタ          14-14
 2着  3  シルクフォーチュン       15-15
 3着 10  ワンダーアキュート       10- 9

 12.2-10.9-11.6-11.9 - 12.1-12.4-12.0-12.3



【2011年】

《1着》トランセンド    [栗東坂路(重馬場):単走(末仕掛け)]    【52.8-38.3-25.2-13.0】
《2着》フリオーソ     [船橋ダート(不良馬場):単走(強め)]    【62.1-48.4-36.4-12.3】
《3着》バーディバーディ  [栗東DP:併せ馬(外併入) (一杯)]    【78.6-63.1-48.6-35.9-11.4】
《4着》ダノンカモン    [栗東CW(重馬場):併せ馬(内先着)(一杯)]【66.8-51.9-38.3-11.9】
《5着》マチカネニホンバレ [美浦坂路:3頭併せ馬(内遅れ) (馬なり)] 【50.5-36.8-24.6-12.6】


11年  良馬場    勝ちタイム  1,36,4  前半4F 47.9 - 後半4F 48.5

 1着 12  トランセンド           1- 1
 2着 13  フリオーソ           13-14
 3着  5  バーディバーディ         7- 6

 12.6-11.2-11.9-12.2 - 12.2-12.1-11.9-12.3



【2010年】

《1着》エスポワールシチー [栗東CW(稍重馬場):単走 (末強め)]   【82.4-65.8-51.1-37.5-11.6】
《2着》テスタマッタ   [栗東CW(稍重馬場):併せ馬(内先着)(一杯)]【90.7-71.7-55.9-41.3-12.4】
《3着》サクセスブロッケン [栗東坂路(稍重馬場):単走 (一杯)]    【51.8-測不-24.7-12.6】
《4着》ケイアイテンジン  [栗東坂路(稍重馬場):単走 (末仕掛け)]  【52.3-37.9-24.6-12.2】
《5着》グロリアスノア [栗東CW(稍重馬場):併せ馬(内先着)(末強め)]【98.6-83.0-67.6-52.9-38.7-12.3】


10年  良馬場    勝ちタイム  1,34,9  前半4F 47.0 - 後半4F 47.9

 1着  4  エスポワールシチー        2- 2
 2着  3  テスタマッタ           7- 7
 3着  6  サクセスブロッケン        6- 6

 12.1-11.0-11.7-12.2 - 12.2-12.1-11.6-12.0



【2009年】

《1着》サクセスブロッケン [栗東坂路(稍重馬場):単走 (末仕掛け)]  【53.4-39.1-25.6-12.9】
《2着》カジノドライヴ   [美浦坂路:併せ馬(内併入) (馬なり)]   【51.8-38.0-24.8-12.4】
《3着》カネヒキリ    [栗東坂路(稍重馬場):併せ馬(外併入)(強め)]【52.9-38.8-25.9-13.3】
《4着》エスポワールシチー [栗東坂路(稍重馬場):単走 (末仕掛け)]  【52.8-38.2-24.9-12.7】
《5着》フェラーリピサ   [栗東坂路(稍重馬場):単走 (末強め)]   【計不-38.0-24.7-12.5】


09年 稍重馬場    勝ちタイム  1,34,6  前半4F 47.0 - 後半4F 47.6

 1着 15  サクセスブロッケン        3- 3
 2着 14  カジノドライヴ          2- 2
 3着  2  カネヒキリ            4- 4

 12.7-10.5-11.9-11.9 - 11.8-11.3-12.1-12.4


個人的な見解として、

①《栗東坂路》に関しては、全体時計が55秒以内でラスト1F13秒未満が理想的
②《栗東CW》に関しては、単走である程度の負荷を掛けて、ラスト1F12.5秒以内が理想的
③(どちらにも共通することだが)強め以上の追い切り《出来れば一杯》が望ましい


と、考えます。

そして、(2011年は全体ペースが緩いので割愛)
2012年を除く3回は【ラス3F目が緩まない】ペースであり、
2012年は【ラス3F目が緩んだ】ペースであったこと。

ラスト3F目にペースが緩むということは、
《4コーナーで隊列が縮まる(差し馬が先団に取り付ける)⇒コーナー加速が重要⇒コース追い有利》であり、
逆にラスト3F目にペースが緩まないということは、
《4コーナーで隊列が縮まらない⇒差し馬が先団に取り付けない⇒なし崩しに脚を使う⇒坂路追いが有利》
なのかな?と考えます。


《予想》
◎ホッコータルマエ (2着)
〇ワンダーアキュート (6着)
▲アドマイヤロイヤル (14着)
△ブライトライン (5着)
注ベルシャザール (3着)

《結果》
14年  良馬場    勝ちタイム  1,36,0  前半4F 48.0 - 後半4F 48.0

 1着 13  コパノリッキー          2- 2
 2着 15  ホッコータルマエ         6- 6
 3着 11  ベルシャザール         14-12

 12.4-11.3-11.8-12.5 - 12.6-12.0-11.5-11.9

根岸Sで本命にしたテスタマッタは【村本厩舎×ベータナ(田辺騎手)】
たなべきしゅのこうげき!
『なぜ今回は買わないんだ?』
ザシュザシュザシュザシュザシュザシュッッッ!!!!!

つうこんのいちげき!!!
ひろしはしんでしまった(泣泣泣)
JCDの反省を生かし、ギリギリまで追い出しを我慢したホッコータルマエ。
そして、(恐らく)タルマエワンマークの形をとったベルシャザール。
モロに【レース展開】がモノをいったレースになりましたが、
それでも馬(風水?(苦笑))の力がないと成し得ない結果なので、
素直にコパノリッキーを見抜けなかった私の完敗ですね(悔)

田辺騎手&Drコパさん、
中央GⅠ初制覇、本当におめでとうございました!!







最後の直線で2頭の叩き合いが観たい、ただそれだけです。
幾多の【名勝負】を繰り広げてきたライバルとして、
ドバイへ向けた壮行レースを期待します。

小倉大賞典 調教診断+予想

Posted by 松友ひろし on   2 comments   0 trackback

【《松友ひろし》の(アテにならない)調教診断】
『小倉大賞典 編』(簡易版)です。



・アロマティコ ・・ 栗東坂路、単走 (末強め)
【53.8-39.3-25.2-12.4】
(B) ・・・この馬、わっかんね~なァ(苦笑)
今回は頭が高く少しフラフラする場面が見られたが、ラストの伸びは良かった。
エリ女に近い動き(走り方)なので、状態としては悪くないと思う・・けどなァ・・?


・エディン ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末強め)
【84.1-66.6-51.6-37.0-12.2】
(B-) コーナーまでの動きは悪くないが、仕掛けられてからの反応がイマイチな印象。
余程の大逃げをすれば面白いかもしれないが・・。


・カフナ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、3頭併せ馬《内:遅れ》 (強め)
【84.4-68.0-52.9-38.8-11.7】
(B) 休み明けの影響なのか、追われてからの反応がパっとしない。
目黒記念時の時計と比較しても3秒程遅れているので、一度叩いてからかな?と思う。


・カルドブレッサ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【84.2-67.6-52.7-38.9-12.2】
(B) 過去2走との比較が出来ない(映像が無い・・)ですが、動きは悪くないと思う。
少し口向きの悪さを見せているが、能力は出せる感じはする。


・サトノシュレン ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (一杯)
【83.0-65.3-51.4-38.4-12.8】
(B-) 東京へ長時間輸送して出走取り消しをしたのに、連闘で小倉・・・。
動きに重さを感じ、身体が使えていない。立て直した方がいいと思うのだけど・・。


・サンライズメジャー ・・ 栗東坂路、単走 (馬なり)
【52.8-38.8-25.5-12.8】
(B+) しっかりとした走りが出来ており、前走より調子は良さそう。
重賞2戦目、(全場重賞制覇がかかった)蛯名騎手騎乗とヤリ気配は十分とみる。


・シャトーブランシュ ・・ 栗東坂路、単走 (末仕掛け)
【53.1-38.5-25.3-12.9】
(B) 力強さが若干足りない気がするが、身体は使えている。
後は斤量とメンバー次第かな?


・スマートギア ・・ 栗東坂路、単走 (末強め)
【53.8-38.8-25.1-12.5】
(B-) 前躯で叩くような走りになってしまっている。
以前は見せなかった舌を出す走りからも、好印象は受けない。


・タムロスカイ ・・ 栗東坂路、単走 (末仕掛け)
【53.3-38.8-24.7-12.5】
(B-) 余程、左ラチを頼りたいのか・・どんどん左に走っている。
頭の高い走りで(今の小倉では)少し厳しい印象を受ける。


・ブレイズアトレイル ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (一杯)
【82.7-66.3-51.7-38.1-12.3】
(B) ビュンと切れる脚というよりは、長くいい脚を使う印象の走り。
小倉はマクリながら進出すれば合うと思うが、このメンバーでそれが可能なのか?は疑問。
動きそのものは悪くないと思うけど・・。 


・ラストインパクト ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《外:併入》 (末仕掛け)
【83.8-67.7-52.4-38.4-12.2】
(B+) ほぼ馬なりではあるが、しっかりと身体が使えている。
距離が短い気はするが、【小回り・平坦コース】は合っていると思う。
ユーガが(地元の)小倉に乗りに来ているのは気になるなァ・・(汗)


・ラブイズブーシェ ・・ 栗東坂路、併せ馬《内:併入》 (末強め)
【55.0-40.0-25.7-13.1】
(B) 前走(日経新春杯)との比較で、少し良くなった印象はある。
元々、前走の条件はこの馬向きではなかったと思うので、
(斤量と騎手は気になるが)見直してみたい一頭ではある。



《予想》
◎ラストインパクト (1着)
△カルドブレッサ (7着)
△ブレイズアトレイル (3着)
△ラブイズブーシェ (6着)
△サンライズメジャー (10着)

《結果》
ハズレ・・(泣)
小倉大賞典
やっぱりカフナあったかァ(苦笑)
休み明けでもきっちり仕上げてくる、これが【リーディングトレーナー】の手腕ですね。
恐れ入りました(謝)




ラストインパクトがユーガ騎乗で来たということは、ここは獲りに来ていると考えます。
後は動きが良かった馬をピックアップ。
・・・んん??ダイヤモンドSって、こんな買い方してハズしたんぢゃなかったっけ??
・・・・・・・・・・・・・・まァ、アテになりませんから(苦笑)

ダイヤモンドS 調教診断+予想

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

オリンピックは【4年に1度の一発勝負】。
例え・・そこで結果が出なかったとしても、選手の評価が変わるものではないと思う。


W杯を10勝しても、メダルが獲れなかったら【戦犯扱い】ですか?
(我々が勝手に)金メダルを期待して獲れなかったら【期待ハズレ】ですか?


数々の感動を与えてくれた日本選手団の皆様、
(まだ終わっていませんが(汗))本当にお疲れ様でした。
そして、これからも頑張ってください!!



【《松友ひろし》の(アテにならない)調教診断】
『ダイヤモンドS 編』(簡易版)です。



・アドマイヤバラード ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:併入》 (末仕掛け)
【54.9-38.8-25.4-12.6】
(B) 身体は使えているが、頭の高い走りは気になる。
超スローの瞬発戦3400mなら対応出来そう。


・イケドラゴン ・・ 美浦坂路、単走 (馬なり)
【56.3-41.4-26.7-13.5】
(B-) 調整程度の追い切りといった印象。
さすがに上積みとなると厳しいのではないか?と考える。


・サイモントルナーレ ・・ 美浦南D、単走 (末強め)
【79.3-64.3-51.3-38.8-13.7】
(B) 動きそのものは悪くないが、首が少し硬い印象。
時計勝負だと厳しいと思うので、一雨きたら面白いカモ・・・(汗)


・セイカプレスト ・・ 美浦南W、併せ馬《内:併入》 (末仕掛け)
【85.0-69.8-54.7-40.1-13.8】
(B) 全体時計は遅いが、しっかりと走れてはいる。
ただ、内目を通ってのタイムなので、負荷がしっかりと掛かっているかが心配。


・セイクリッドバレー ・・ 美浦南W、単走 (末強め)
【70.5-55.3-40.6-12.9】
(B) ずっと頭の高い走りで直線も右手前のまま。
チョコチョコした走りをするので、超スローの瞬発戦なら・・。


・タニノエポレット ・・ 栗東CW(稍重馬場)、3頭併せ馬《外:遅れ》 (末一杯)
【99.8-83.8-68.8-53.7-39.6-13.1】
(B) 7Fから時計を出しているのでラストの伸びがイマイチなのは仕方ない。
少し反応の悪さが見られるが、状態は悪くないと思う。後はハンデ次第かな?


・ファイヤー ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (一杯)
【84.8-69.0-53.8-39.9-13.1】
(B) 直線で目一杯追うつもりが、一発ムチを入れた後に騎乗者が(ムチを)落としてしまいます(苦笑)
しかし、追われてからのバランスが悪く、頭を前に出すような走りをするので長距離は・・?ですね。


・フェイムゲーム ・・ 美浦南W、併せ馬《内:併入》 (強め)
【69.9-54.9-40.4-13.3】
(B) あれ~??前回(AJCC)の方が良く見えるなァ(汗)
追われてから首(頭)を上げる走りになり、走りに硬さがあるように思う。


・ラブラドライト ・・ 栗東坂路、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け)
【54.5-39.2-25.3-12.6】
(B+) 頭は高いが、しっかりした走りが出来ている。
少し前脚で叩くような走りをするので、時計勝負は厳しいかも・・。


・ロードオブザリング ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《内:遅れ》 (一杯)
【81.3-67.2-54.2-40.9-13.5】
(B-) 追い出されてからの反応が悪く、走りの全体バランスもイマイチな印象。
道中はいいだろうが、勝負どころで置かれそうな気がする。 


《予想》
◎ラブラドライト (4着)
△フェイムゲーム (1着)
△ファイヤー (6着)
△アドマイヤバラード (8着)

《結果》
ハズレ・・。
まァ、そんな狙い方をしたらハズレますわな(苦笑)
300円、損しちゃいました(泣)



特に理由はありません(苦笑)
動きが良さそうだった馬を少しだけ買ってみます。

フェブラリーS フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『フェブラリーS 編』です。

※1週前追い切り映像があった馬は調教診断を書いておきます。



・ホッコータルマエ ・・
JCDとの比較になりますが、全体的に重厚感が増した印象です。
脚が開き気味だったJCD写真と比べると、今回の方が調子は良さそうです。
(個人的には)東京は合っていると思うので、期待出来るのではないでしょうか?

《一週前追い切り》
・ホッコータルマエ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末強め)
【54.9-40.2-25.6-12.5】
騎乗している助手?が、まァ大柄な人だこって(苦笑)
レース間隔が短いので終いの反応を確かめる程度ですが、動きは悪くないです。
最終追い切りで【全体時計が53秒台で終い最速ラップ(12秒台)】ならば、期待出来ると思います。


・ベルシャザール ・・
こちらもJCD写真との比較になりますが、(光の加減アリ)休み明けとは思えない張りの良さですね。
後は、内面がどこまで仕上がっているか?になると思いますので、最終追い切りに期待してみたいです。

《一週前追い切り》
・ベルシャザール ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (強め)
【53.4-38.8-25.6-13.4】
昨年秋(武蔵野S、JCD)に比べると、やはり反応が鈍い印象が拭えません。
頭の高さは相変わらずですが、最終追い切りで【終い1F最速ラップ】が出来れば大丈夫だと思います。


・ニホンピロアワーズ ・・
(馬体が)少し太いかな?という印象はありますが、デキそのものは悪くないと思います。
どちらかと言えば【立ち方】に違和感があるので、そちらの方が気になります。
前脚が開いており、踏ん張りが効いていない立ち方に見えるので、
最終追い切りでしっかりと精査したいと思います。

《一週前追い切り》
・ニホンピロアワーズ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【97.2-80.4-65.1-49.9-36.7-12.0】
いつもはDPで追っている(以前はCWだった)ので、負荷を掛ける調教でしょうか?
ただ、柔らかみがあまり感じられず、タイム程の勢いは感じません。
最終追い切りでは、伸びのあるしっかりしたが走りが出来ているかを見てみたいですね。


・ワンダーアキュート ・・
冬場で絞り切れていないのか、少し余裕残しという感じがします。お尻の筋肉量は少し落ちたかな?
右後脚にピンク色のバンテージ?をしていますが、しっかりと踏み込めていないのは気になります。
前脚2本ともに接着装蹄なので、後脚2本で立って前の片足を上げられない状態なのかな?
と勘繰ってしまいます。
一週前追い切り映像がなかったのも不思議ですし、
最終追い切りでしっかりと追い切りが出来れば良いのですが・・。


・ゴールスキー ・・
一瞬の切れ味に特化した馬体だなァ・・という印象です。
後脚のツナギも、左は立ち気味で右は寝ているので直線で右手前になる東京は合うと思います。
調教で見せている【舌を出す】などが、最終追い切りで解消されたらいいのですが・・。

《一週前追い切り》
・ゴールスキー ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、単走 (馬なり)
【56.1-41.1-27.0-13.5】
前走から中二週になるので調整程度の追い切りでしょうが、力強く走れています。
少し舌を出す走りをしているので、最終追い切りで改善が見られるかを
しっかり見極めたいと思います。


・シルクフォーチュン ・・
う~ん、前走(根岸S)の方が格段に良く見えます。
前走に比べて緩い感じがしますし、顔も覇気が感じられません。
1600mは少し長いと思いますので、今回はどうでしょうね?


・ノーザンリバー ・・
澄んだ瞳で『日本の夜明けぜよ・・』という表情をしています(苦笑)
もう少し胸前~肩付近に筋肉が付いてくれば完璧でしょうが、状態は良さそうです。
距離はビミョ~かもしれませんが、意外にこなしてしまうかもしれませんね。


・ブライトライン ・・
前走(根岸S)も良く見えましたが、一度叩かれたことで馬体がより引き締まった印象があります。
特にお尻の筋肉が盛り上がり、ピンと筋の通った感じがします。
後は気性に難がある馬なので、最終追い切りで負荷を掛けつつ
テンションを上げなければ面白いと思います。


・アドマイヤロイヤル ・・
典型的なダート馬というよりは、芝でもソコソコやれそうな印象があります。
今の東京(不良馬場)であれば、前走以上のパフォーマンスも期待出来そうな感じはします。
馬体うんぬんよりも、精神面(勝つ気)が整えば、いつでも好走出来そうなんですけどねェ・・。


・グランドシチー ・・
一週前追い切りでも感じましたが、少し馬体を緩めたのかな?と感じる写真です。
前走(東海S)の方が断然良く、内面の(筋肉)張りが見られません。
東京<中山が合うと思うので、マーチSあたりで狙ってみたいですね。

《一週前追い切り》
・グランドシチー ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:遅れ》 (強め)
【68.2-52.0-38.4-13.5】
併走馬はヴェルデグリーンかな?だったら中山記念は決まりだ(笑)
この馬自体も悪くないと思いますが、前走に比べると少し反応が悪い気がします。
最終追い切りで前走のような【やる気スイッチ】が入れば面白いと思うのですが・・(汗)


・ベストウォーリア ・・
こちらはいかにもダート馬という感じを受けます。
馬体だけを見れば(恐らく上位人気になる馬と比べても)遜色ない出来だと思います。
後は中一週と明け4歳というのが気になるところではあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。