だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戒め馬券・・

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback




・・人間、調子に乗るとダメだということですね(汗)
川崎(戒め)

一見すると【非常に惜しい馬券】のように思えますが、実は・・こういうのが一番危ない外し方だと思っています。

『運が無かった・・』
『騎手がもう少し前に付けていたら・・』
『外を回さずに内を突いていたら・・』


確かに運の要素もあるとは思います(ハナ差4着とか(泣))
しかしながら、結果的にこの馬券が【ハズレ】ているということは事実なのです。

崇拝する賭神先生が言われている【トライ&エラー】
自分が思ってもいなかった馬が何故、馬券に絡んだのか?
大穴馬券などが出れば、皆さん(私もそうですが)次への予習・復習をされると思います。

では、今回のようなケースはどうでしょう??

【惜しかった馬券】なので、『狙いは間違っていない』と思われますか?
【惜しかった馬券】なので、『次も同じようなアプローチで買う』と考えられますか?


(自分に対して言いますが)
これでは成長しません!
きっとまた、同じような過ち(と書きます)を犯します!!


2着馬(13番)を何故買えなかったのか?の理由は(自分の中で)解釈出来ました。
しかし、【買い方】に問題があっては、一生《勝ち組》になれないと考えています。

現に・・

単勝  4番

複勝  4番・13番・14番

ワイド  4-13 4-14 13-14

枠連  3=8

枠単  3⇒8

馬連  4=13

馬単  4⇒13

三連複  4-13-14

三連単  4⇒13⇒14

赤く示した部分は【買うことが出来た組み合わせ】です。
14番の複勝で1080円、4-14のワイドで2730円・・・(悔)


せっかくの穴馬を見つけても、それを【(馬券として)的中】させられなければ、
ただ単に《惜しかっただけ》の自慢にしかなりません。

もっともっと精進して、
【(自慢出来る)的中馬券】をバンバン的中させられるように頑張ります!





・・・長々とスイマセンでした(汗)


【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『優駿牝馬(オークス) 編』です。
※1週前追い切り映像があった馬は調教診断を書いておきます。




ハープスター ・・
『とても牝馬とは思えない馬体だ』と、(重攻会)新潟2歳Sの時に評価しましたが、
更に筋肉の層が厚くなり、パーツ毎の筋肉量がスゴイです。
(首差しの太さから)2400mは若干長い気がしますが、
同じ3歳牝馬同士であれば、能力の差で勝ってしまいそうな気がします(汗)

《一週前追い切り》
・ハープスター ・・ 栗東CW、併せ馬《内:先着》 (一杯)
【84.8-68.4-52.7-38.0-11.8】

ムチが一発入ってからの走りは文句無しでしたが、反応の鈍さが気になりました。
・・まァ、元々が真面目に走らない馬ですし、東京の直線は長いので気にしなくても良さそうですが(汗)
最終追い切りもしっかりと負荷を掛けてくれば、問題無いと思います。
(アクシデントだけが心配です・・他に心配は皆無な気がしますが・・(苦笑))



ヌーヴォレコルト ・・
馬体そのものは桜花賞時と遜色ないと思います。
(若干)後肢が後ろ側へ流れているのが気になりますが・・。
少し気難しそうな顔(厩務員がしっかりと抑えている)をしているので、
距離が延びての折り合いが好走のカギだと思います。

《一週前追い切り》
・ヌーヴォレコルト ・・ 美浦南W(稍重馬場)、3頭併せ馬《内:先着》 (強め)
【63.5-49.8-35.9-13.3】

最内を通っているのですが、時計(コーナー)は速いですね。(・・まァ、そこの映像は無かったのですが(苦笑))
直線の動きは併走馬と被っていた為に、しっかりとは確認出来ませんでしたが、
若干頭が上がった走りだったのは気になります。
最終追い切りは調整程度だと思いますが、気分良く走れているか?を確認したいと思います。



マーブルカテドラル ・・
肩~胸前の筋肉量と比較して、お尻の筋肉量が少し足りないんですよねェ~(汗)
悪くはないのですが、『すごく良くなった!』という印象はないですね。
首の硬さと前脚を見ると、距離延長はプラスにならないような気もしないでもないですが・・・(悩)

《一週前追い切り》
・マーブルカテドラル ・・ 美浦南W(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【69.3-53.9-39.4-12.9】

一気の距離延長を意識してか、道中はゆったりとした走りをさせています。
ただ、終いの伸びは思ったほどではなかったというのが本音です。
最終追い切りでは(恐らく併せ馬だと思いますが)ビッシリと追ってもらいたいところです。



フォーエバーモア ・・
腰周り~お尻にかけての丸み(柔らかみ)がないのは気になりますが、
全体的なしなやかさは今回の方がいいのではないか?と思います。
後脚(飛節の太さやツナギ)はイイ感じだと思うんですけどねェ~。
後はいかに折り合いを付けたレースが出来るか?というところでしょうね。

《一週前追い切り》
・フォーエバーモア ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:併入》 (末仕掛け)
【68.1-52.4-39.6-13.0】

仕掛けられてからの反応は悪くなかったのですが、
もう少ししっかりと追い切って欲しかったのが本音です。
(あまりやり過ぎてテンションが高くなるのも考えものですが・・(汗))
最終追い切りでは、ビッシリと追っているかどうかを見極めたいと思います。



バウンスシャッセ ・・
筋肉の(内面の)張りという点では、前回(皐月賞)の方が良かったと思います。
ただ、今回の写真はゆったりとした身体の造りが伺えるので、
東京の2400mでも対応出来そうな印象はあります。
わざわざ皐月賞にぶつけてきたくらいなので、
変則ローテでも侮れませんね。

《一週前追い切り》
・バウンスシャッセ ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:併入》 (末仕掛け)
【53.2-38.8-13.4】

力強さを感じる走りなのですが、やはり頭の高い走りなんですよねェ(汗)
この走りが今の東京に合うとは思えないので、もう少し柔らかい走りをして欲しいところです。
最終追い切りに期待してみましょう。



サングレアル ・・
初見ですが、身体全体に緩さを感じ、もう少ししっかりとして欲しい印象があります。
特に腰周り~お尻にかけての筋肉量が少なく、アンバランスな感じがします。
前走の勝ち方は見事でしたが、前受け(先行)の方がいいような気がします。

《一週前追い切り》
・サングレアル ・・ 栗東CW、併せ馬《内:先着》 (末強め)
【85.8-69.5-54.1-39.3-11.5】

終いだけを伸ばす調教内容ですが、全体時計が遅いんですよねェ(汗)
また、右手前の走りは悪くなかったのですが、
途中から頭の高い走りになっていたのは気になります。



ブランネージュ ・・
使い詰めのローテという印象なのですが、馬体を観る限りでは細化は感じられません。
少し首の硬さが気になりますが、お尻~後肢に関しては更に良くなっていると思います。
状態としては悪くないので、後は相手関係だけではないでしょうか?



シャイニーガール ・・
チューリップ賞時の写真と比較しますが、当時より筋肉量は増えている印象を受けます。
ただ、全体的に伸びを感じない体型になり、【硬い筋肉】を纏っているように見えます。
時計の掛かる馬場であれば面白そうですが、今の東京は・・どうでしょうね?



ベッラレジーナ ・・
初見ですが、もう少しお尻の筋肉が欲しい印象を受けました。
ただ、バランスは悪くないですし、距離もあった方がいいと思います。
いきなりのメンバー強化になるので、どこまでやれるか?という力試しの一戦になりそうです。



パシフィックギャル ・・
初見ですが・・芦毛馬はワカリマセン(苦笑)
もう少しお尻に筋肉が付いてきたら、もっと良くなるとは思うのですが・・。
飛節が太く、いかにもパワータイプなのですが、距離は伸びて良さそうな印象を受けます。
ウィリアムズ騎手が強気の勝負(他馬が苦しくなる展開)を仕掛けてくれたら・・いいなァ(願望)

《一週前追い切り》
・パシフィックギャル ・・ 美浦坂路、併せ馬《外:併入》 (馬なり)
【54.9-40.4-26.5-13.5】

馬場が荒れていて、騎乗者が大柄なのにも関わらず、この時計は優秀だと思います。
最後までしっかりと走れている印象で、桜花賞を使わなかったのが良い方向に出ていると考えます。
最終追い切りも負荷を掛けて追い切れているか?をしっかりと確認したいところです。



マジックタイム ・・
フローラSと比較して、胸前~肩付近の筋肉量が増えている印象を受けます。
馬体そのものは悪くないと思うのですが、前走の負け方が気になるので・・。
また、主戦だった後藤騎手の負傷というアクシデントもあり、
当日のパドック・返し馬をしっかりと観た方がいい(鞍上とコンタクトがとれているか?)と思います。



《一週前追い切り》
・ディルガ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け)
【53.6-38.7-25.1-12.6】

力強さはあるのですが、少し首の使い方が硬かったのは気になります。
時計の掛かる馬場の方が合っている気がするので、雨などが降れば面白そうですが・・。
最終追い切りではもう少し柔らかい走りが出来ているかを見極めたいところですね。



《一週前追い切り》
・ニシノアカツキ ・・ 美浦南W(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【66.2-51.8-38.6-14.0】

ほぼ馬なりで走っていたにも関わらず、ラストは時計が掛かっています。
舌を出しながらの走りだったのは(個人的に)良い印象はありませんでした。
最終追い切りで改善されればいいのですが・・。



《一週前追い切り》
・ペイシャフェリス ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け)
【67.0-53.1-38.6-12.9】

前脚で叩くような走りをしているのは相変わらずですが、状態は悪くなさそうです。
ただ、距離が延びて良いとは思えないので、その辺りがどうでしょうか?
最終追い切りはリラックスして走れているか?を見てみたいですね。



《一週前追い切り》
・マイネオーラム ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (一杯)
【66.2-52.6-39.7-12.7】

前走(フローラS)の最終追い切りの時は柔らかい走りが出来ていましたが、
今回の一週前追い切りでは(全体タイムは速いですが)頭の高い走りで、首の硬さが気になりました。
最終追い切りでは、もう少しリラックスした走りが出来ればいいと思います。



《一週前追い切り》
・マイネグレヴィル ・・ 美浦南W(稍重馬場)、単走 (一杯)
【67.8-52.7-38.0-12.8】

パワーのある走りで、前脚の掻き込みが強い印象を受けます。
それだけに、今の(時計が速い)東京では少し不安な面がありますね。
最終追い切りもしっかりと追い切って、後は天候と展開次第ではないでしょうか?



《一週前追い切り》
・レーヴデトワール ・・ 栗東CW、併せ馬《外:先着》 (強め)
【84.9-68.9-53.8-39.7-11.7】

大外を回って終い重点の時計なので、全体としては悪くないと思います。
ただ、頭が高い走りで、(力みがあるのか)走るバランスとしてはあまり良くは見えませんでした。
最終追い切りでは、首の使い方・前への推進力を見てみたいと思います。
(・・・んん??この馬は桜花賞5着で900万以下クラス・・果たして出られるのか!?(汗))
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/165-3dfc2e55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。