だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念 フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

今週は宝塚記念・・の前に、
帝王賞がありますね!

もしハズれたら・・宝塚記念はパスの方向でお願いします(苦笑)



◎ワンダーアキュート
〇ニホンピロアワーズ
馬連(馬単も少し)1点で勝負したいと思います。


《結果》
単勝・・・買ってNEェェェェ~~~~!!!!!(泣)
俺のボケェェェ~~~!!!(苦笑)
過去の好走馬と同じ【併用調教】だったのは、ワンダーアキュートのみ。
ソリタリーキングは最終追い切りがイマイチだったけど、坂路多め調教馬。
・・・何故、そこまでわかってて買っていないのか(汗)
かなり凹んでいるので、今週はお休みするカモです(苦笑)


かしわ記念のラップを見ると・・『う~ん?』な印象があり、
今の大井(不良馬場)では少し心もとない1番人気になりそうなので(汗)
(映像は観ていませんが)調教内容からはアキュートが一番ベストであり、
ニホンピロは(初かな?)Bコースでの最終追い切り。
負荷を掛けてきたということを考えれば、このメンバーでは力が抜けている2頭で勝負したいです。



日本は負けちゃったケド・・
(松友ひろしには)
【絶対に負けられない戦いが
そこ(帝王賞)にある!!!】

背水の陣でパワープレーにシフトチェンジ(汗)
ザッケローニ並みの名(迷)采配予想でコパノ圧勝!!??(苦笑)


【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『宝塚記念 編』です。
※1週前追い切り映像があった馬は調教診断を書いておきます。




ジェンティルドンナ ・・
昨年のジャパンカップとの比較になりますが、馬体そのものは悪くないと思います。
顔の表情が少しキツめ(闘争心なのかイライラしているのか・・)なのは気になります。
お尻にもう少し筋肉が付いてくればいいのですが、これで結果が出ているので問題なさそうです。
後は最終追い切りが《単走》なのか《併せ馬》なのか、どちらを選択してくるのかが非常に興味深いです。

《一週前追い切り》
・ジェンティルドンナ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《内:併入》 (強め)
【51.0-37.4-24.5-12.4】 (06:00)

時計そのものは速いのですが、手前をコロコロと替えていたのは気になります。
併走馬の手応えを考えると、楽に時計を出した印象を受けません。
最終追い切りでは、もう少し手応え良く動けているか?をしっかり判断したいと思います。



ゴールドシップ ・・
・・・何度でも言います。 芦毛馬はワカリマセン(苦笑)
お腹周りが少し余裕残しな印象はありますが、前胸~肩付近の筋肉量はいいですね。
馬体から【小回り・急坂コース】がベストという印象はありませんが、
パワーが必要な馬場(前駆だけで捲っていく印象で、直線が長いコースは合わないカモ?)で
より良いパフォーマンスが出来ると(個人的に)思っています。

《一週前追い切り》
・ゴールドシップ ・・ 栗東CW、併せ馬《外:併入》 (末仕掛け)
【97.5-81.8-67.0-53.1-39.9-12.4】

相変わらず頭の高い走りで、伸びなんかありゃしない(苦笑)
ただ、パワフルな走りで長め(7F)から時計を出せているのは、調子が良い証拠だと思います。
また、暑い時期が合うのでしょうか? 春先に見せていた反応の悪さが消えている印象を受けました。
最終追い切りもノリさん(横山典騎手)が乗ってくるのかどうか? 来たら・・獲りにきてますね(笑)



ウインバリアシオン ・・
正直に書きます。 馬体は文句なし!・・但し、(本質は)小回り向きでは無い(汗)
天皇賞(春)と比較して、(光の加減はありますが)筋肉の張りは維持出来ていると思います。
また、お尻の位置が高くなり、しっかりと立てている姿は好感が持てます。
後は鞍上が上手く乗れるかどうか? その一点だけではないでしょうか。

《一週前追い切り》
・ウインバリアシオン ・・ 栗東CW、3頭併せ馬《外:先着》 (末仕掛け)
【82.6-66.6-51.9-38.8-13.0】

最後まで右手前で走っていたのは気になりますが、
天皇賞(春)の最終追い切りもこんな感じだったので・・気にしないようにします(苦笑)
併走馬が動かな過ぎたので比較が難しいですが、
最後までしっかりと走れていたと思います。
最終追い切りでは、終い重点でビュンと斬れる動きが見てみたいのですが・・(願望)



ヴィルシーナ ・・
ヴィクトリアマイルを勝ったことで、馬に自信が戻ってきたのでしょうか?(苦笑)
馬体の張りが良くなり、表情に活気が感じられます。
・・ただ、この馬は東京マイルがベストな印象があり、
小回りだと(前走逃げたので)逃げてしまうと、コーナーでつつかれる可能性は考えられます。
体調は良さそうなので、後は展開次第という感じでしょうか?

《一週前追い切り》
・ヴィルシーナ ・・ 栗東CW、併せ馬《外:遅れ》 (強め)
【98.5-81.4-66.4-52.5-39.4-12.7】

馬なりの併走馬相手に遅れてしまいます。
長めからしっかりと追い切れたのは良かったと思いますが、
この動きだけでは何とも言えないところがありますね。
最終追い切りで反応良く動けているか?を、しっかりと見極めたいと思います。



メイショウマンボ ・・
前走(ヴィクトリアマイル)との比較になりますが、
馬体そのものは引き締まった印象があります。
また、顔付きが良く(気合いが入っている)なっています。
ただ・・、折り合い面での不安があるのも事実ですが・・(苦笑)

《一週前追い切り》
・メイショウマンボ ・・ 栗東CW、併せ馬《内:先着》 (強め)
【82.2-65.7-51.3-37.4-11.9】

コーナーまでの動きは悪くなかったのですが、
直線で追い出されてから頭の高い走りになっていたのは気になります。
本来はもう少し首の使い方が上手だったと思うのですが・・。
最終追い切りでは身体の使い方がしっかりしているか?を見てみたいですね。



トーセンジョーダン ・・
さすがに8歳馬なので、下っ腹のたるみが気になるお年頃・・(苦笑)
もう少し引き締まった馬体になれば面白い一頭になりそうですが、
最終追い切りをしっかりと見極めたいところですね。



デニムアンドルビー ・・
前走(ヴィクトリアマイル)と比較すると、かなり良くなっている印象を受けます。
ドバイ帰りで急仕上げだった前走よりも馬体の張りは格段にイイですね。
後は、時計の掛かる馬場よりも軽い馬場が合っていると思う(お尻が薄いのと蹄がベタ)ので、
このメンバー相手にどこまでやれるか?という感じでしょうか?

《一週前追い切り》
・デニムアンドルビー ・・ 栗東CW、3頭併せ馬《中:内遅れ、外先着》 (末仕掛け)
【84.2-67.7-53.0-39.0-12.4】

併走で少し遅れてしまいますが、ゴール板を過ぎてからしっかりと追っていたので問題ないと思います。
ただねェ・・この馬の走り方などを考えると、小回りは合わない印象なんですよねェ~(苦笑)
状態は悪く無さそうですが、ジェンティルドンナと同斤量なので・・(汗) ここは・・どうなんでしょう?



ヴェルデグリーン ・・
有馬記念との比較になりますが・・今見たら、何で本命にしちゃったんだろう(苦笑)
少し余裕のある馬体ですが、張りのある印象を受けます。
後は、長距離輸送+一線級との戦いになるので、
阪神(内回り)に適正があるかどうか?が気になるところです。

《一週前追い切り》
・ヴェルデグリーン ・・ 美浦南W、併せ馬《内:遅れ》 (一杯)
【68.2-53.1-38.4-13.7】

あれ~? こんなに反応が悪い馬だったっけかなァ~(汗)
馬なりの併走馬に対して、ムチをバシバシ入れられます(苦笑)
しかし、反応が悪く身体の使い方も硬い印象を受けました。
最終追い切りでは、以前見せていたスッと動ける反応を見たいですね。



マイネルラクリマ ・・
エプソムカップから中一週になりますが、馬体そのものは悪くないと思います。
ただ、お尻の丸みがあまり感じられないのと、
(見た目で)2200mは若干長い気がします。
七夕賞の方がいいと思うのですが・・どこまでやれるでしょうか。



カレンミロティック ・・
瞑らなキラキラした瞳で写っています(汗)
馬体は丸みがあり、状態としては悪くないと思います。
ただ、あまり馬場が悪くなると厳しい印象はあります。
(個人的に)広いコースの方がいいと思うんですケドねェ(苦笑)



ホッコーブレーヴ ・・
・・何故、目黒記念に出てこなかったのだ!!(泣)
そして、一番怖い馬だったりする(苦笑)
馬体そのものは天皇賞(春)と比較しても遜色なく、
どちらかと言えばパワーの必要な内回りの方が合っている印象はあります。
ズブズブの消耗戦になれば出番はありそうですが・・どうでしょうね?

《一週前追い切り》
・ホッコーブレーヴ ・・ 美浦南D、単走 (末仕掛け)
【67.3-53.0-39.9-13.1】

あァ・・Dコースですか・・そうですか・・(泣)
追い切り前に暴れたのか、異常な程の汗(馬体が白っぽくなっている)をかいています。
最後の伸びは悪くなかったのですが・・何せダートコースなのでねェ(苦笑)
最終追い切りはW(ウッド)コースでの走りが見てみたいですね。



《一週前追い切り》
・フェイムゲーム ・・ 美浦南W、併せ馬《内:併入》 (末仕掛け)
【70.3-54.4-39.1-12.2】

ラスト1Fが12.2秒というのは眉唾ですが(苦笑)全体的にスピード感が乏しい動きでした。
どちらかと言えば併走馬の方が(大きい助手が乗っていたこともあり)動きは良かった印象を受けます。
最終追い切りでどこまで負荷を掛けてくるのか?をしっかりと見極めたいところです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/189-81636fd3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。