だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーンランドC & 新潟2歳S フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

〇ロ②
彼の名前は【下原カズマ(仮名)】。
若干18歳で《TENGA》を使いこなし、
社内においてTENGA部長と呼ばれる逸材である。

いつもTENGAの未来を考えている彼の本心に迫る・・・。


〇ロフェッショナル


名前 : 下原カズマ(仮名)
職業 : 製造業



Q.【TENGA】の料金は適正だと思いますか?

A.・・正直、高いよね(苦笑)
  箱買いで半額とかにすればいいのに!


(メーカーさん、何か考えてあげて下さい)



Q.もしも【TENGA】が、この世から無くなってしまったら?

A.今、まさに今・・『買いに行こうかな?』という
  禁断症状が出始めているから、無くなったら非常に困るよね(汗)


(今すぐに買うことをオススメします)



Q.あなたにとって【TENGA】とは何ですか?
〇ロ①
『気持ち良くなる為のパートナーです!!』


♪あと一歩だけ前にぃ~ 進もう~

※あの有名な番組とは一切関係ありません。
クレーム等は受け付けませんので、ご了承下さい(苦笑)




・・・ちゃんとやります(苦笑)

【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『キーンランドC 編』です。




レッドオーヴァル ・・
阪急杯との比較になりますが、お尻が引き締まった印象があります。
首の細さ(高い)からスプリンターという印象はあまり受けませんが、
非常にバネのありそうな馬体なので、時計の掛かる馬場はニガテなのかもしれませんね。



ローブティサージュ ・・
函館SSとの比較になりますが、胸前~肩付近の筋肉がより盛り上がっている印象です。
また、以前から腰回りのひ弱さが気になっていましたが、段々と筋肉が付いてきています。
この馬もスプリンターという感じではないですが、状態は良いと思います。



マジンプロスパー ・・
高松宮記念との比較になりますが、馬体そのものは悪くないと思います。
春先は(今、考えると)少しガレ気味に映っていたので、このくらいゴツい方がいいのかもしれません。
(急坂のない)札幌でどこまでやれるでしょうか? また、当日の気配はしっかりと見極めたいところです。



スマートオリオン ・・
函館SSとの比較になりますが、馬体に関してはあまり変化はないと思います。
強いて言えば、表情が良くなった印象はありますね。
UHB賞から中一週なので、その辺りがどのように影響してくるでしょうか?



スノードラゴン ・・
高松宮記念との比較になりますが、お尻~後肢が少し寂しく映る印象を受けます。
札幌1200mはどちらかと言えばスピードを求められるレースなので、
上手く展開が嵌ってどこまでやれるか?という感じでしょうか。



フォーエバーマーク ・・
アイビスSDと比較したら明確な差が無かったので(汗)昨年のキーンランドCと比較します。
お尻の筋肉量が少し落ち、胸前~肩付近に硬さが感じられます。
(昨年の覇者なので軽くは扱えませんが)少し疑ってかかりたいのが本音です。








【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『新潟2歳S 編』です。




アヴニールマルシェ ・・
胸前の筋肉量や発達が良く、パワーのありそうな印象を受けます。
実際のレースを見ても、前脚で叩くような走りをしているので、
時計の掛かる馬場の方が合っている感じはします。
少し気難しい顔をしているので、レースでの折り合いが気になるところです。



ニシノラッシュ ・・
いかにも筋肉質でスピードがありそうな馬体です。
・・ただ、《小回り・急坂コース》が向いている印象なので、
一瞬の脚をどのように上手く使えるか?が、好走のカギになりそうです。



ミュゼスルタン ・・
非常にバランスのとれた馬体ですが、(欲を言えば)もう少しお尻に筋肉が欲しいです。
ツナギが立っており、どちらかと言えばパワータイプの印象がありますが、
状態としては悪くないと思います。
※雨が降ったら・・、期待したい一頭ですね!



ナヴィオン ・・
前肢の緩さが感じられ、新馬戦の上がりタイムが本当なのか!?と思ってしまうくらいです(苦笑)
後脚のバネがありそうな印象で長い直線は合っている印象です。
実際のレースでは右にヨレる仕草を見せたりと若さが残っているので、
その辺りが解消されているかを、最終追い切りで判断出来ればいいな・・と思います。



ワキノヒビキ ・・
【瞬発力<持続力】という印象の馬体です。
後躯の筋肉量が多く、コーナーを捲っていく方が合っているのかな?と・・。
新潟1600m向きの馬体とは少し異なる気がするので、
後は能力でどこまでカバー出来るのか、気になるところです。



ブリクスト ・・
少し細身の馬体で、もう少しお尻~腰周りに筋肉が欲しい印象です。
飛節は大きい方だと思うので、少しパワーの必要な馬場でも対応は出来そうです。
後は最終追い切りの内容をしっかりと精査したいと思います。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/231-157e10e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。