だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントウルS + 京成杯AH フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   1 comments   0 trackback

今日は火曜日。
一週間で唯一(と言っていいくらい)、嫁さんと晩酌する日です(笑)
このくらいの期間(週一)が、
【( ゚∀゚)チョウドイイ!!】のでしょうか?(苦笑)




【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『セントウルS 編』です。




ハクサンムーン ・・
前走(高松宮記念)との比較になりますが、
身体の張りなどは良くなっている印象です。
ただ、昨年のセントウルSと比べると、もう一絞り出来そうな感じなので、
あくまで前哨戦という位置付けなのかな?と(個人的に)思います。



マヤノリュウジン ・・
CBC賞との比較になりますが、
後ろに流れ気味だった後躯がしっかりとしている印象で、
レースを使いつつ良くなってきた感じがします。
脚質的にどうか?という不安はありますが、状態は良いと思いますね。



ダッシャーゴーゴー ・・
昨年の高松宮記念との比較になりますが、
全体のシルエットとしては遜色ないと思います。
ただ、肩付近やお尻の筋肉量は少なくなっており、衰えを感じてしまいます。
得意の阪神1200mですが、長期休養明けの今回は・・どうでしょうか?



リトルゲルダ ・・
前々走(アイビスSD)との比較になりますが、馬体が白っぽくなりました(笑)
胴が長く生粋のスプリンターという印象ではないですが、
急加速ラップのレースにならなければ対応出来るのかもしれませんね。
お尻にもう少し筋肉が欲しいのと、
ツナギがあまり太くないので、パワー質な馬場は合わない可能性があります。



ハクサンムーン ・・
前走(高松宮記念)との比較になりますが、
身体の張りなどは良くなっている印象です。
ただ、昨年のセントウルSと比べると、もう一絞り出来そうな感じなので、
あくまで前哨戦という位置付けなのかな?と(個人的に)思います。

・・・って、なんっでやねェ~ん!!(苦笑)
(競馬)ブックさん、あと一頭がなんだったのか、凄く気になります(汗)


⇒追記(苦笑) 訂正されてました(笑)


エピセアローム ・・
前走(北九州記念)との比較になりますが、少し丸みを帯びた馬体になっています。
足元を見ると(若干ですが)足跡が付いており、気難しそうに耳が立っています。
当日のテンションには注意した方がいいのかな?と、(個人的に)思います。



トーホウアマポーラ ・・
前走(CBC賞)との比較になりますが、
中間に一頓挫(挫跖)あった影響なのか、全体的に寂しく映ります。
前走が100点の出来だとすると、今回は76点くらいという印象ですね。
丸みのないお尻や、後ろに流れている後脚(しっかりと立てていない)は気になります。
当日までにどこまで良くなってくるでしょうか?








【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『京成杯AH 編』です。




サトノギャラント ・・
前々走(中京記念)との比較になりますが、
全体的に一回り大きくなった印象を受けます。
特にお尻~後肢にかけての筋肉量が増えており、パワーがありそうな感じです。
キレ負けする危険性もありますが、状態としては悪くないような気がします。



エクセラントカーヴ ・・
ヴィクトリアマイル時との比較になりますが、
背中がしっかりしてきたという印象を受けました。
以前は背中が弱そう(頼りない)で、力の必要な馬場では厳しいと思っていましたが、
段々と力を付けてきたのか、お尻までのラインが良くなっていると感じました。
一線級の牡馬が相手ですが、ここでも好勝負を期待出来そうな予感はします。



ショウナンアチーヴ ・・
前走(関屋記念)との比較になりますが、
(光の当たり加減が違うので一概には言えませんが)
皮一枚だけ太いのかな?という印象です。
休み明けでもある程度は仕上がっていた前走に比べると、
(最終追い切り次第ですが)今ひとつ覇気に欠ける感じを(個人的に)受けました。



サダムパテック ・・
前走(中京記念)との比較になりますが、
前走は(良い意味で)丸みを帯びた馬体だったのですが、
今回は(悪い意味で)ゴツゴツした馬体という印象を受けます。
パワーがありそうなので、馬場は渋った方がいいと思うのですが・・。



クラレント ・・
前走(関屋記念)との比較になりますが、
(光の当たり加減が違うので一概には言えませんが)
少しお尻の筋肉量が落ちたかな?という感じはします。
ただ、決して悪いというワケではなく、バランスのとれた馬体なので、
最終追い切りを観てから判断したいところです。



エキストラエンド ・・
前走(関屋記念)との比較になりますが、
『本当に同じ馬!?』と思ってしまうくらいに変貌しています(汗)
・・ってか、この馬は見る度に馬体の変化が大きいので、イマイチ判断しかねます(悩)
短期間でこれだけマッチョな造りに仕上げられる角居先生に脱帽です(憧)
頼りなく映っていた後躯が盛り上がり、今回は・・出遅れないでしょう!?(苦笑)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/241-b897e7e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。