だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸新聞杯 + オールカマー フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

最近・・あまりにも馬券が当たらずヤル気に支障が出ていたので、
季節のものを食べようと思い、嫁さんの実家(山の中)へ【栗拾い】に行ってきました♪


くり①

山の全体写真を撮っていたハズなのに、何故か写真が無かったので、
仕方無く娘の写真を拝借(苦笑)



くり②

帰りにスーパーで栗100g:60円で売っていたのを見て、
『うわァ~、高ェ~(驚)』と言ってしまった私は罰当たりですね(;´Д`)


晩御飯に栗ごはんと秋刀魚の塩焼きを食べましたが・・、
写真を撮り忘れる大失態(苦笑)
今度は忘れないようにします(汗)




【本日の結果】

栗パワー②

『これぞ栗のチカラぜよっ!!』(苦笑)


【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『神戸新聞杯 編』です。




ワンアンドオンリー ・・
前走(日本ダービー)との比較になりますが、
中身がギュッと詰まった馬体になったという印象を受けます。
後肢が後ろに流れているのは気になりますが、
・・もうこういう立ち方をする馬なのだと割り切ってみます(苦笑)
外回りの今回は、順当に成長した姿を見せてくれると思います。



ハギノハイブリッド ・・
前走(日本ダービー)との比較になりますが、
お尻の筋肉量が少し少なくなっている印象があります。
急坂を駆け上がるというよりは、長く良い脚を使うタイプなので、
《阪神<京都》という感じはしますが・・どうでしょうか?



ウインフルブルーム ・・
前走(日本ダービー)との比較になりますが、
この馬もお尻が少し寂しく映ります。
皐月賞の時が一番良く見えたのですが、
その時の状態には、まだないかな?というのが本音ですね。
最終追い切りでしっかりと負荷の掛かった調教が出来ているかを見極めたいところです。



サトノアラジン ・・
共同通信杯時との比較になりますが、
当時と比較してドッシリというか、しっかりとした馬体になった印象です。
特に、腹構えがしっかしとして肩~胸前の筋肉が発達し、
馬体バランスが良くなった感じがします。
(阪神が合うかどうかはワカリマセンが)状態は良さそうですね。



トーセンスターダム ・・
前走(日本ダービー)との比較になりますが、
全体の筋肉量は若干増えていると思います。
ただ、後肢の甘さ(頼りなさ)は以前と変わらない印象なので、
急坂コースでは詰めの甘さを露呈しそうな感じがしますが・・どうでしょうか?



サウンズオブアース ・・
もう少しお尻に筋肉が欲しいところですが、馬体バランスはいいと思います。
ツナギが太く、いかにもパワータイプという印象なので、
時計の掛かる力の要る馬場になれば面白い一頭ではないでしょうか。








【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『オールカマー 編』です。




マイネルラクリマ ・・
前走(七夕賞)との比較になりますが、
お尻の筋肉量が落ちている為か、少し頼りない馬体という印象を受けます。
腹構えにも余裕が感じられるので、
最終追い切りでどこまで仕上げてくるか?というところでしょうか。



マイネルメダリスト ・・
前躯(特に肩付近)が大きく、パワーのありそうな印象を受けます。
ただ、前脚の捌きが硬そうなので、本質は広いコースが合っていると思います。
斤量(ハンデ57kgの今回)が、どこまで影響するでしょうか・・。



フェイムゲーム ・・
天皇賞(春)時との比較になりますが、
重厚感のある馬体になったなァ~という印象を受けます。
以前は後躯に頼りなさの残る感じがあったのですが、
状態は悪くないと思います。



サトノノブレス ・・
前走(小倉記念)との比較になりますが、
お尻の筋肉量が少し落ちたような印象を受けます。
また、(前回はしっかりと見せていた)後肢が後方へ流れた立ち方は気になります。
ただ、以前に比べるとしっかりとした馬体なので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。



クランモンタナ ・・
前躯が発達しており、本来は【急坂コース】の方が合っている印象を受けます。
パワーを必要とする馬場や、消耗戦になれば力を発揮出来そうです。
別定戦の今回、どこまでやれるか・・試金石の一戦になりそうですね。



カレンブラックヒル ・・
前走(安田記念)との比較になりますが、
全体的に馬体が緩い印象を受けます。
休み明けの分、仕上がりがイマイチなのかもしれませんが、
平坦小回りコースだと(個人的に)適性が合わない気がしますが・・どうでしょうか?
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/249-cf99d363
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。