だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターズS フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

いよいよ今週から秋のGⅠが開幕!!


・・なのですが、凱旋門賞に日本馬(有力馬)が出走すると、

【凱旋門賞 > スプリンターズS】

に、どうしてもなってしまいますね(´-ω-`)

しかし、やはり秋シーズン一発目のGⅠなので、
スプリンターズSを何とかビシッと決めたいところですね!




(月末なのに)サボって・・残業代ゲット!(笑)
大井0930


【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『スプリンターズS 編』です。
※1週前追い切り映像があった馬は調教診断を書いておきます。



ストレイトガール ・・
前走(函館SS)との比較になりますが、
少し寂しく映っていた肩付近の筋肉量が戻ってきた印象です。
また、春先(高松宮記念)の写真と比較すると、
力強さを残しつつ、しなやかな馬体に変化しています。
最終追い切りの内容に期待したい・・そう思える馬体ですね。


《一週前追い切り》
・ストレイトガール ・・ 栗東CW、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【80.4-64.5-50.9-37.6-11.8】

道中はゆったりとした走りが出来ており、
仕掛けられてからの反応・身体の使い方は良かったと思います。
最終追い切りもCWでしょうが・・期待してみたい動きですね!



コパノリチャード ・・
前々走(高松宮記念)との比較になりますが、
パワーアップした・・というよりは、少しボテっとした馬体に見えてしまいます。
特にお腹周りと、お尻が(無駄に)ふっくらしているのが気になります。
また、写真を撮られるのに後脚が開いており、踏ん張りが効いていないのかな?という印象を受けます。
あと一週間でどこまで良くなるでしょうか・・?


《一週前追い切り》
・コパノリチャード ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:遅れ》 (強め) ※騎手騎乗
【51.4-38.6-26.1-13.6】 (09:15)

テンから飛ばした影響からか、最後は脚が上がってしまいました。
この一追いで変わってくる可能性はありますが、
春の状態にはまだ戻り切っていないのかな?という印象を受けました。



ハクサンムーン ・・
前走(セントウルS)との比較になりますが、
全体的に引き締まった印象があります。
ただ、(個人的に)一番良く見えた昨秋の状態には今一歩かな?という感じはします。
顔の表情も落ち着きがあるのか・・、ヤル気がないのか・・、判断が難しいところですね。
最終追い切りでしっかりと負荷の掛かった追い切りを期待したいです。


《一週前追い切り》
・ハクサンムーン ・・ 栗東坂路(不良馬場)、単走 (末仕掛け) 【木曜追い】
【58.0-41.1-25.6-12.2】 (09:48)

終いだけを伸ばす調教内容ですが、最後までしっかりと走れていました。
ただ・・、前走後初時計なんですよね(汗)
最終追い切りでは、全体時計をしっかりと出して欲しいところですが・・。



グランプリボス ・・
前走(安田記念)との比較になりますが、
馬体そのものは遜色ないデキにあると思います。
ただ、表情と足元(厩務員の立ち位置)から、テンションの高さが気になります。
最終追い切りで落ち着いた動きが出来ているか・・注目したいところですね。



マジンプロスパー ・・
前走(キーンランドC)との比較になりますが、
腹構えがしっかりとして、お尻~後肢のラインが良くなった印象を受けます。
ただ・・、筋肉の(内面の)張りがイマイチな感じがするので、
最終追い切りでどこまで良くなってくるか・・気になるところですね。



ローブティサージュ ・・
前走(キーンランドC)との比較になりますが、
全体的にスッキリと見えるというのが本音です。
後肢が後ろに流れており、(個人的に)前走の方が良く見えました。
前走がメイチ仕上げで、どこまで維持出来るか?という感じですが・・どうでしょうね?



マヤノリュウジン ・・
前走(セントウルS)との比較になりますが、
腰の位置が下がっており、後躯の踏ん張りが効いていない印象を受けます。
全体的に絞れた感じはありますが、窶れたとも見えるので、
最終追い切りを注視したいと思います。



ハナズゴール ・・
昨年のエリザベス女王杯との比較になりますが、
お尻に丸みが無く、全体的にこじんまりとした印象です。
スッキリしている馬体の方が動ける可能性もありますが、
最終追い切りの動きを観てから判断する必要があると考えます。



ガルボ ・・
前走(函館SS)との比較になりますが、
前回の状態を維持出来ていると思います。
夏場はあまり良くない印象がありましたが、馬体の状態は悪くないですね。
ただ・・、生粋のスプリンターという感じではなく、
もう少し距離が欲しいところでしょうが、展開次第では・・というところでしょうか?


《一週前追い切り》
・ガルボ ・・ 美浦南W、単走 (末仕掛け)
【66.6-50.8-37.7-12.6】

若干頭の高い走りをしていますが、
身体そのものは使えていると思います。
前脚を叩くような走りなので、今の馬場が荒れてきた新潟は意外に合うかもしれませんね。



スノードラゴン ・・
前走(キーンランドC)との比較になりますが、
明らかに良くなってきた印象を受けます。
高松宮記念(2着)と比較しても遜色ないデキにあると思います。
また、根岸S時と比較すると、明らかなダート馬だった馬体バランスが、
筋肉を残しつつシュッとしており、芝でも戦えるようになってきました。
最終追い切りを期待したい一頭ですね!


《一週前追い切り》
・スノードラゴン ・・ 美浦坂路、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【54.2-38.5-24.5-11.9】 (06:20)

左手前の時は力強い走りが出来ていたのですが、
右手前に替わってから、少し走るバランスが悪くなっている印象を受けました。
パワーが優った馬なので、最終追い切りでは素軽い動きが出来ているかを見極めたいところですね。



セイコーライコウ ・・
前走(アイビスSD)との比較になりますが、
胸前~肩付近の筋肉量が若干増えた印象を受けます。
それに伴って、(究極に絞れていた前走と比べると)大きくは見せています。
これが良い傾向なのか、悪い傾向なのか・・?
最終追い切り+パドック・返し馬をしっかりと見極めたいところですね。


《一週前追い切り》

・セイコーライコウ ・・ 美浦坂路、併せ馬《外:遅れ》 (強め)
【56.5-39.5-25.7-13.0】 (06:27)

併走馬の手応えと比べると、あまり良く見えなかったのが本音ですね。
まァ、一週前追い切りなのであまり気にしなくてもいいのかもしれませんが・・(汗)
最終追い切りでは、しっかりと先着して欲しいところですね。



《一週前追い切り》

・インプレスウィナー ・・ 美浦南W、3頭併せ馬《内:遅れ》 (末仕掛け)
【70.4-54.6-40.0-13.5】

併走馬に隠れてイマイチよく見えませんが(汗)
外の馬(ジョッキー騎乗)のスパーリングパートナーという印象の追い切りです。
最終追い切りで、どこまで負荷を掛けてくるでしょうか?



《一週前追い切り》

・サンカルロ ・・ 美浦坂路、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【53.5-37.4-24.6-12.3】 (07:40)

相変わらず舌をベロンベロン出しながら走っています(汗)
本当に良かった時期から比べると、やはり衰えた感が否めませんね・・。
最終追い切りでどれだけしっかりと負荷を掛けられるでしょうか?
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/253-5d8d85bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。