だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞 調教診断

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

今日は末っ子の七五三前撮り写真を撮ってきました。
家族全員でも写真を撮りましたが・・、
10年という月日は早いなァ~と、改めて感じた次第です(苦笑)

(私の劣化具合も早いなァ~・・と、写真を見る度に思い知らされます(汗))



《おまけ》
少し成長しました(笑)

府中牝馬①

府中牝馬②



【《松友ひろし》の(アテにならない)調教診断】
『秋華賞 編』です。

※変則開催日程の為、栗東組は【木曜追い】となっています。


・アドマイヤビジン ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、単走 (末強め)
【55.8-39.5-25.2-12.6】 (08:08)

ローズS ・・ 栗東坂路、単走 (末仕掛け) 【木曜追い】
【54.0-38.7-24.7-12.3】 (07:22)

NHKマイルカップ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、単走 (強め)
【55.6-40.4-25.9-12.9】

単走追いですが、前を走っていた馬を追いかけようとしています。
全体時計が遅いのは気になりますが、最後までしっかりと走れていたと思います。
(跳びが大きい馬なので)小回りを上手くこなせるかどうかが気になるところです。



・オメガハートロック ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:遅れ》 (強め) ※騎手騎乗
【68.8-53.2-39.4-12.6】

フェアリーS ・・ 美浦坂路(稍重馬場)、単走 (キャンター調整)
【53.8-38.4-12.5】(※1月10日に美浦南W(稍重馬場)、併せ馬 馬なり で計時)

府中牝馬Sに出走予定のレイカーラとの併せ馬です。
追い出されてからの反応がイマイチな印象で、
首の使い方が硬かったのは気になりました。



・サングレアル ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け) ※ジョッキー騎乗
【85.1-68.7-53.6-38.9-12.0】

ローズS ・・ 栗東CW、3頭併せ馬《内:中先着、外遅れ》 (末一杯ムチ)
【84.7-68.8-54.0-39.7-12.4】

オークス ・・ 栗東CW(重馬場)、単走(のハズなんだけど、併せ馬先着になっている) (末仕掛け)
【86.2-69.7-54.1-39.5-11.8】

馬場が悪かったせいか少しノメるような走りをしていましたが、
身体の使い方や仕掛けられてからの反応は良くなっていると思います。
後は馬体重が気になるところではありますが・・どうでしょうか?



・ショウナンパンドラ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【54.5-39.6-24.7-12.4】 (06:16)

フラワーC ・・ 栗東坂路、併せ馬、単走 (馬なり)
【53.9-38.4-24.7-12.1】

ほとんど馬なりだったので『ヤル気がないのかなァ?』と思ったのですが・・、
【77.5-57.6-38.0-19.0】(06:06)を一本目に上がっているんですね。
中間の調教量も豊富ですし、動きそのものは悪くなかったと思います。
後は【鬼門】と言っていい《前走:紫苑S》に目を瞑れるか?でしょうね(苦笑)



・ゼウスアール ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【87.9-71.7-56.5-41.8-12.8】

前脚の捌きが硬く、頭の高い走りをしています。
あまり効率の良い走り方とは思えず、(個人的に)厳しいと感じました。



・タガノエトワール ・・ 栗東CW(稍重馬場)、3頭併せ馬《中:最先着》 (強め) ※ジョッキー騎乗
【84.9-69.7-54.6-39.9-11.9】

ローズS ・・ 栗東CW、単走 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【85.0-69.0-54.5-40.3-12.7】

仕掛けられてからの反応や伸びは悪くなかったのですが、
直線半ばまで行きたがる素振りを見せていたのは気になりました。
今回は外枠(ローズSは3番枠)なので、上手く壁を作れればいいと思いますが・・。



・ディルガ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【52.8-38.9-25.7-13.0】 (07:23)

ローズS ・・ 栗東坂路、単走(右側に馬はいたが) (末仕掛け) ※騎手騎乗
【52.6-38.6-25.4-12.8】 (05:59)

オークス ・・ 栗東坂路(重馬場)、併せ馬《外:先着》 (馬なり)
【53.3-38.3-25.0-12.6】

・・参ったなァ、戦績がアレなのに過去好走した馬の調教内容に合致するンだよなァ(苦笑)
最後の伸び脚は悪くなかったのですが、騎手が跨っての追い切りなので判断が難しいところです。
バテずにテンから走れているので、持続力戦になれば出番があるかもしれませんが・・どうでしょうか?



・ヌーヴォレコルト ・・ 栗東CW(稍重馬場)、3頭併せ馬《内:最先着》 (末仕掛け)
【81.8-66.0-50.8-37.5-12.2】

ローズS ・・ 美浦南W、単走 (末仕掛け)
【69.7-54.8-39.6-12.7】

オークス ・・ 美浦南W(重馬場)、併せ馬《内:先着》 (末強め)
【70.0-55.0-40.3-13.1】

直線はほぼ単走の形になりましたが、
動きはしっかりしており、力強さのある走りは良かったと思います。
少し首の硬さが気になりますが、許容範囲だと思います。
後は、当日の気配をしっかりと見極めたいところですね。



・バウンスシャッセ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:遅れ》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【53.7-38.7-25.3-12.9】 (07:38)

函館記念 ・・ 函館 芝、単走(併せ馬というか、馬の後ろに付いている) (馬なり) ※騎手騎乗
【57.4-41.8-13.7】

優駿牝馬(オークス) ・・ 美浦南W(重馬場)、3頭併せ馬《外:先着》 (末仕掛け)
【81.5-67.5-53.6-40.0-13.2】

・・正面から見ると、この馬の大きさが良くわかりますねェ~(苦笑)
早めに栗東へ入厩して、わざわざ北村Jが最終追い切りに騎乗しています。
ただ、ドタドタした走りで仕掛けられてからの反応もイマイチな感じがしました。
内枠はいいと思うので、後はどこまで状態が上がってきているか?だと思います。



・パシフィックギャル ・・ 美浦南D(重馬場)、併せ馬《外:遅れ》 (末仕掛け) ※騎手騎乗 【木曜追い】
【82.6-66.8-51.7-37.8-12.9】 (08:43)

オークス ・・ 美浦坂路(不良馬場)、3頭併せ馬《内:中遅れ、外先着》 (強め)
【54.3-39.8-25.7-12.9】

フラワーC ・・ 美浦坂路、併せ馬《外:先着》 (馬なり) 
【54.6-39.0-25.1-12.2】

頭の高い走りで顎を突き出すような走りをしています。
(個人的に)まだ本調子の走りではないような気がしますが・・。



・ハピネスダンサー ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、単走 (末仕掛け)
【54.4-39.2-25.3-12.4】 (06:16)

フローラS ・・ 栗東CW、併せ馬《内:先着》 (末一杯)
【81.7-65.9-51.1-36.8-12.2】

すんごい《がに股》の助手さんが乗っていますね(苦笑)
少し馬場に脚をとられるところはありましたが、最後の伸び脚は悪くなかったと思います。
【15.2-14.1-12.9-12.4】という、綺麗な加速ラップが出来ているので、
(騎乗者にとって)操縦しやすい馬なんでしょうね。
後は、このメンバー相手にどこまでやれるか?だと思います。



・ブランネージュ ・・ 栗東DP、単走 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【65.4-49.5-36.4-12.0】

ローズS ・・ 栗東DP、併せ馬《内:先着》 (末強め) ※騎手騎乗
【63.5-50.0-36.7-11.7】

オークス ・・ 栗東DP、単走 (馬なり)
【63.5-49.1-37.0-12.3】

相変わらず抑え切れない手応え(掛かる?)で走っています。
仕掛けられてからの反応は悪くなかったのですが、
跳びが大きく走りが軽いので、《小回り<大回り》の方が良さそうな気はしますが・・。



・ペイシャフェリス ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【96.6-80.3-65.0-50.5-37.6-11.9】

オークス ・・ 美浦南W(重馬場)、併せ馬《外:先着》 (馬なり)
【66.2-52.0-39.3-12.9】

桜花賞 ・・ 美浦南W、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け)
【73.4-57.2-42.0-13.0】

7Fから時計を出して意欲的な追い切りを行ってきた印象です。
少しやりすぎな感もありますが(汗)動きそのものは悪くないと思います。
後はオークスからのぶっつけ本番がどうでるか?というところでしょうね。



・マーブルカテドラル ・・ 美浦南W(稍重馬場)、単走 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【70.3-55.2-40.9-13.5】

クイーンS ・・ 札幌D、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【78.6-63.2-48.7-36.4-12.0】

オークス(優駿牝馬) ・・ 美浦南W(重馬場)、3頭併せ馬《内:併入》 (末仕掛け)
【66.7-51.3-37.5-12.2】

変則日程+長距離輸送を考えて、軽めの調整という追い切り内容です。
素軽い走りは出来ており、状態は悪くないと思います。
ただ・・、やはりマイルくらいがベストだと思っているので、
今回の舞台を上手くこなせるか?が気になるところです。



・マイネグレヴィル ・・ 美浦南W(稍重馬場)、単走 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【84.7-68.5-54.5-40.5-13.4】

オークス ・・ 美浦南W(重馬場)、単走 (末仕掛け)
【65.9-51.6-38.0-13.7】

フローラS ・・ 美浦坂路、単走 (馬なり)
【54.9-40.3-26.2-13.2】

前脚の硬さがあり、前走(紫苑S:3着)のような馬場の方が合っている印象です。
力強さはあるのですが、今の京都に合うかと言われると・・??なんですよね(汗)
展開のカギを握りそうな馬なので、思い切って行ってどこまで粘れるか?ではないでしょうか。



・リラヴァティ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:併入》 (強め) ※騎手騎乗
【54.6-40.0-25.8-12.8】 (06:01)

ローズS ・・ 栗東坂路、併せ馬《内:遅れ》 (一杯)
【54.3-39.9-26.2-13.3】 (06:02)

桜花賞 ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:先着》 (末強め)
【54.8-40.4-26.1-12.8】

騎手が乗っているのも関わらず、併走馬に手応えで劣っています。
仕掛けられてからの反応がイマイチだったのは気になりますね。
前走もこんな感じで好走(3着)しているので、何とも判断が難しいところではありますが・・(汗)



・レーヴデトワール ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (強め)
【86.3-70.6-55.4-40.4-12.2】

桜花賞 ・・ 栗東CW、単走 (強め)
【85.1-69.5-54.9-40.2-12.7】

阪神JF(2013) ・・ 栗東CW、3頭併せ馬 (末仕掛け)
【84.7-69.1-54.1-39.4-12.3】

単走で終いを伸ばす調教という感じでしょうか。
前脚で叩くような走りをしており、首の硬さが気になりました。
どちらかと言えば時計の掛かる馬場の方が良さそうですが、
京都そのものは合っていると思います。



・レッドリヴェール ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【55.1-39.8-25.5-12.4】 (07:36)

ローズS ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【51.6-38.3-25.9-13.6】 (07:25)

日本ダービー ・・ 栗東坂路、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【53.3-39.2-25.7-12.7】

前走は身体が出来上がっていなかったのか、テンから飛ばした追い切りになりましたが、

・桜花賞 ・・ 栗東坂路、併せ馬《内:先着》 (末一杯)
【52.9-38.4-25.0-12.3】

このように、ラスト1Fで12.5秒を切れれば状態は良いと判断出来ると思います。
(全体時計が遅いのは気になりますが、月曜日(通常の日曜日)にも時計を出しているので問題ないでしょう)
後はレースでも落ち着きがあれば、力を発揮出来るのではないでしょうか。




推奨馬
・ショウナンパンドラ
・ヌーヴォレコルト
・ハピネスダンサー
・レッドリヴェール




《ひろしの一刀(一頭)》

☆ハピネスダンサー
秋華賞は【牝馬限定戦】のレース。
現在のプリキュアは《ハピネスチャージプリキュア》!!
・・これで決まりだ!(笑)


という笑えないボケは置いといて・・(;´Д`)

前走の紫苑Sは前走比+26kg(但し、フローラSが-14kg)の馬体重。
しかも、直前になって大雨に見舞われた為、非常にタフな馬場に変貌してしまった。
重馬場が得意なように思われがちだが、馬体・走り方は良馬場が好ましいと考える。
フローラSは長距離輸送+最終追い切りをやり過ぎた為に大幅な馬体重減。
今回は近場の京都なので輸送減りは無いと信じたい(汗)
また、つばき賞でステファノス(セントライト記念4着)と好勝負して、
(素人なのでラップは読めませんが(苦笑))ミモザ賞は見どころがあった。
2戦目までは出遅れが響いて勝ち切れない競馬が続いていたが、
先行策がとれるようになってからは走りが安定してきた(・・と思う)。
マイネグレヴィルが大逃げ宣言をしているらしいので、
2~3番手から早め早めの競馬で後続馬の瞬発力を封じ込めれば、
何とかならないかなァ~・・という、あくまで(個人的な)希望的観測です(;´∀`)

※タキさんへ
【金色ゼッケン】着用でお願いします!



【結果】
大ハズレ!(泣)
ショウナンパンドラのラビットか!?と言いたくなる先行馬潰しでしたね(苦笑)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/268-1191efac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。