だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

今年から新設されたGⅢ競走【ラジオNIKKEI杯 京都2歳S】(旧OPレース)。
過去にヴィクトワールピサやエピファネイアなどのGⅠ馬が制したレースですが、
今年の登録頭数は・・なんと8頭!ヾ(・∀・;)オイオイ

このレースを重賞に格上げするなら、
阿蘇S(小倉1700mダート)や、KBC杯(小倉1700mダート)を格上げしろってんだ!(# ゚Д゚)
JRAさん・・・夏競馬の重賞を増やしましょうよ!!




【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『ジャパンカップ 編』です。

※1週前追い切り映像があった馬は調教診断を書いておきます。



ジェンティルドンナ ・・
前走(天皇賞・秋)との比較になりますが、
一度使われたことにより、筋肉の張りが良くなった印象を受けます。
衰えは隠せないですが、前走よりは確実に良化したと(個人的に)思います。
消耗戦になると分が悪そうですが、瞬発戦ならば期待通りの競馬が出来そうな状態だと考えます。


《一週前追い切り》
・ジェンティルドンナ ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【54.0-40.0-25.6-12.7】 (07:01)

ムーア騎手が乗りに来ていますね。
ムチャクチャな時計を出すという感じでもなく、馬との呼吸を合わせる調教という印象です。
最後までしっかりと操縦出来ている感じで、動きも良かったと思います。
前走後からの時計の出し方が少し気になりますが、
最終追い切りでも併せ馬で先着出来れば良い状態で出走できそうな感じです。




ハープスター ・・
オークス出走時との比較になりますが、
冬毛が出てきてモサッとした印象で、あまり見栄えは良くありませんね(苦笑)
ただ、馬体の張りなどは悪くなく、状態そのものは走れると思います。
胸前~腹構えに厚みが出てきて、更にパワーを感じる馬体になりましたね。
後は古馬との力関係がどうか?というところでしょうか。


《一週前追い切り》
・ハープスター ・・ 栗東CW、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け)
【84.9-68.9-53.9-39.5-11.9】

若干ですが、首の使い方が硬かったのは気になります。
一週前追い切りなのであまり気にしなくてもいいのかもしれませんが、春先には見られなかったので・・(汗)
最終追い切りはビッシリと負荷を掛けた追い切りが出来ているか?に注目してみたいと思います。




ワンアンドオンリー ・・
前走(菊花賞)との比較になりますが、
全体的に力強さ(重厚感)が増した印象を受けます。
お腹やお尻付近がしっかりしてきたことにより、パワーを感じることが出来ます。
(個人的には有馬記念の方が合っていそうですが)ここでもやれそうな雰囲気はありますね。


《一週前追い切り》
・ワンアンドオンリー ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:遅れ》 (強め)
【53.5-38.8-25.2-12.7】 (09:16)

併走馬に騎手(小牧?)が乗っていましたが、それでも遅れていたのは気になります。
あまり稽古駆けしない馬ですが、ドンドン反応が悪くなっている感じなんですよねェ・・。
レースで走れば問題はないのですが、あまり良い印象は受けませんでした。
最終追い切りでは、きちんと先着出来ていれば問題ないと判断しますが・・どうでしょうね?




イスラボニータ ・・
前走(天皇賞・秋)との比較になりますが、
胸前やお尻(腰回り)が一回り大きくなった印象を受けます。
前走のフォトパドックでも良く見えましたが、
前走で古馬と初対戦をしたことにより、もう一段階アップしたような感じがします。
距離は長いかもしれませんが、デキはこの秋一番と思えますね。


《一週前追い切り》
・イスラボニータ ・・ 美浦南W、3頭併せ馬《内:中併入、外先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【81.4-65.4-51.1-37.8-12.9】

外の併走馬が被っており、しっかりと観ることは出来ませんでしたが(汗)
軽く仕掛けただけでしっかりと反応出来ていたのは良かったと思います。
また、前走の最終追い切りで見られなかった【手前替え】を(確認出来ただけで)2回行っていたので、
最終追い切り(恐らく単走追い?)でも同じように手前をコロコロ替える動きが出れば・・ですね。




フェノーメノ ・・
前走(天皇賞・秋)との比較になりますが、
脾腹が少し寂しく映り、全体バランスがイマイチな印象を受けます。
また、一度叩かれたことにより、落ち着きどころか更に気合いが乗ってしまった感じに思えます(汗)
テンションが高すぎると普段の調教にも影響が出かねないので、
その辺りが影響しているのかもしれませんね。


《一週前追い切り》
・フェノーメノ ・・ 美浦南W、併せ馬《内:遅れ》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【81.4-66.1-52.1-39.1-13.2】

ルメール騎手が乗っているにも関わらず、併走馬に手応えで劣っています。
この馬が併せ馬で遅れたのは、あまり見た記憶がありません。
寒い時期は動きがあまり良くないのでしょうか?
最終追い切りでは、しっかりと先着して欲しいところですが・・。




スピルバーグ ・・
前走(天皇賞・秋)との比較になりますが、
今回の写真の方が、ゆとりのある馬体で距離が延びても対応出来そうな印象を受けます。
ただ、力強さという点では物足りなさが残るので、
当日の気配はしっかりと確認したいところですね。


《一週前追い切り》
・スピルバーグ ・・ 美浦坂路、3頭併せ馬《中:内遅れ、外先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【57.7-41.7-26.3-12.8】 (06:58)

ギリギリまで脚を溜める+馬群の中で我慢をさせる調教でしょうか?
しっかりとした走りが出来ていたのは良かったと思います。
最終追い切りではビッシリと追い切って欲しいのですが、
日曜日にある程度の時計を出しているので、反応を確かめる程度になりそうですが・・(苦笑)




エピファネイア ・・
前走(天皇賞・秋)との比較になりますが、
お尻でっかちな馬体になり、何だかアンバランスな印象を受けます。
レース当日までの逆算から馬体を造っている途中だと思うので、
当日のパドック・返し馬の気配をしっかりと見極めた方が良いでしょうね。




デニムアンドルビー ・・
前走(天皇賞・秋)との比較になりますが、
全体的なバランスは良くなった印象を受けます。
お腹周りの冬毛のせいで毛艶はイマイチですが、
状態は上がっていると思います。
後はこのメンバー相手にどこまでやれるか?でしょうね。


《一週前追い切り》
・デニムアンドルビー ・・ 栗東CW、併せ馬《中:最先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【85.1-68.9-53.3-38.7-11.7】

全体時計が遅いのはアレですが(汗)終いの伸び脚は良かったと思います。
(角居厩舎の)究極仕上げは【3頭併せ馬《最内:最先着》】を持ったまま(もしくは仕掛け)なので、
最終追い切りでのコース取りと、どれだけの反応が出来るのか・・しっかりと精査したいところです。




ヒットザターゲット ・・
前走(天皇賞・秋)との比較になりますが、
使われつつ良くなってきた印象を受けます。
筋肉の(内面の)張りが素晴らしく、気が漲っている状態でしょうね。
瞬発力戦ではどうしても分が悪いので、持久力勝負になれば出番はありそうですが・・。




タマモベストプレイ ・・
同じフジキセキ産駒ですが、こちらは母父がノーザンテーストな分、パワー型な印象を受けます。
あまり伸びのない走り+ツナギの太さから、東京コースはどうなのかな?という感じはします。
思い切って先行して、どこまで頑張れるか?というところでしょうが・・どうですかね?(汗)




ジャスタウェイ ・・
安田記念出走時との比較になりますが、
(悪い意味で)『・・本当に同じ馬!?』と言いたくなるくらいのデキですね。
お尻~後肢の力強さがウリだった馬なのに、萎んでしまった印象を受けます。
当日までにどこまで良くなってくるでしょうか?


《一週前追い切り》
・ジャスタウェイ ・・ 栗東坂路、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【54.8-39.5-25.2-12.5】 (08:28)

少し頭の高い走りをしていたのは気になります。
状態としては悪くないのでしょうが、何というか・・グッとくるところが感じられないというか・・。
最終追い切りでは、力強い走りが出来ているかどうか?を、しっかりと見極めたいところです。




《一週前追い切り》
・ディサイファ ・・ 美浦南W、単走 (末仕掛け)
【70.7-55.7-41.2-13.6】

高脚で走る馬なので、スピード感という意味ではイマイチな印象を受けます。
(距離は微妙ですが)有馬記念で期待してみたい馬なのかな?とも思っています。
最終追い切りでは、もう少ししっかりと負荷を掛けて欲しいところですね。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/303-2b72d000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。