だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念 フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   2 comments   0 trackback

ラキシス・・ふっか~つ!!(笑)



【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『有馬記念 編』です。

※1週前追い切り映像があった馬は調教診断を書いておきます。



ジェンティルドンナ ・・
前走(ジャパンカップ)との比較になりますが、
腹回りに若干の余裕が感じられ、筋肉の(内面の)張りがイマイチな印象を受けます。
昨年同時期と比較すると・・(個人的に)厳しいのではないか?と、感じました。


《一週前追い切り》
・ジェンティルドンナ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【53.8-39.4-26.2-13.5】 (07:02)

馬場状態が悪かったことを考慮しても、騎手が乗ってこの時計は・・正直物足りないですね。
また、前走後の初時計を出す時期としては少し遅いのも気になります。
(秋天⇒JCはレース後10日で初時計を出したが、今回は17日なので・・ねェ(汗))
最終追い切りに期待したいところですが・・どうでしょうか?

※FC2ブログでいつも1位にランクされている【小宮城】氏のブログより(勝手に引用・・スイマセン(苦笑))
今回の有馬記念を考える上で非常に勉強になる(役立つ)情報だと思います。

詳細はコチラ




フェノーメノ ・・
前走(ジャパンカップ)との比較になりますが、
全体的に厚みが増して、重厚感が出てきた印象を受けます。
(これが良い傾向なのか、悪い傾向なのかはワカリマセンが(汗))
バネの強そうな後肢なので、今の中山は・・どうでしょうね?(雨馬場だとアウトかも?)


《一週前追い切り》
・フェノーメノ ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (末強め) ※騎手騎乗
【82.5-66.6-52.2-39.1-13.0】

少し気の悪さが見られますが、気合いが入って来たという感じでポジティブに考えます(苦笑)
追い出されてからの反応・伸びは良くなってきている印象を受けます。
最終追い切りでは、軽く仕掛けただけでビュンッと反応出来ているか?を、しっかりと見極めたいところですね。




ワンアンドオンリー ・・
前走(ジャパンカップ)との比較になりますが、
実践を叩かれつつ、馬体そのものは良くなってきている印象を受けます。(特に胸前~肩部分)
ただ・・、まだ良くなる余地を残していると思うので、もう少しお尻に筋肉が付いて来れば・・という注文は付きます。
後は、このメンバー相手にどこまで戦えるのか?というところでしょうか。


《一週前追い切り》
・ワンアンドオンリー ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《内:併入》 (末仕掛け)
【56.0-40.6-26.4-13.2】 (09:18)

終始、右にヨレるような仕草を見せており、併走馬がいなかったらどうなっていたことか(苦笑)
(遅い時間帯で馬場が重かったのもあるでしょうが)特筆する動きではなかったのが本音ですね。
最終追い切りでは、もう少し力強い走りが出来るようになればいいと思います。




エピファネイア ・・
前走(ジャパンカップ)との比較になりますが、
(冬毛が伸びて見栄えは悪いケド)馬体を大きく見せて悠然と立っている姿は好印象ですね。
馬体バランスそのものはジャパンカップと変わりないと思いますが、
やはり歩間が広く、脚が長いので、小回りの中山(コーナー6回)がどうか?というのは不安ですね。


《一週前追い切り》
・エピファネイア ・・ 栗東 芝(稍重馬場)、単走 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【82.4-65.6-50.7-37.4-12.0】

・・あれ?・・気のせいかな??・・・F永騎手の時よりもスムーズに動けている(苦笑)
芝コースというのもあるでしょうが、全身を大きく使ってしっかりと走れているのは好印象ですね。
馬自身に『僕・・やったら出来る子やんッ!』という気持ちが芽生えたのでしょうか(汗)
最終追い切りでも、テンションが上がらない折り合いの付いた動きが出来ているか?を、しっかりと観てみたいですね。




ウインバリアシオン ・・
今年の春シーズン(昨年の有馬記念)の写真と比較すると、
衰えが出てきたのか、後躯(特にお尻の部分)の力強さが欠けている印象を受けます。
今回の休養明けは、前回と違ってあまり乗り込めていないのかもしれませんね。
もう少し時間をかけてじっくりと調整すれば別でしょうが、今回は(個人的に)評価しにくいのが本音です。


《一週前追い切り》
・ウインバリアシオン ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、単走 (末強め)
【56.1-41.0-26.6-13.3】 (09:41)

まだ脚元に違和感(不安)があるのか、坂路での追い切りが多く、時計もあまり出せていませんね。
調教は動く馬だったハズなので、この動きは正直に物足りないと感じるのが本音です。
最終追い切りでは、もう少ししっかりと負荷を掛けた調教が出来ればいいと思うのですが・・。




メイショウマンボ ・・
前走(エリザベス女王杯)との比較になりますが、
お腹がスッキリして、活気のある表情になってきたのは良い傾向だと思います。
ただ・・、いくら状態が上向いたとしても、古馬の一線級相手に全く歯が立っていませんから、
流石にここでの好走を期待するのは酷かもしれませんね。




ラキシス ・・
前走(エリザベス女王杯)との比較になりますが、
さすがは世界の角居先生!きちんと有馬記念仕様の馬体に造り上げてきましたね!
(俺、昨日の記事で切っちゃったンだよなァ~・・。特権で復活させようかな?(苦笑))
飛節が(牝馬にしては)しっかりしており、ツナギが立っているので、
多少の力が要る馬場でもへこたれない強さはありそうですね。
川田騎手から乗り替わりは・・、デムーロ弟か! ・・うん、特権で復活だ!!(笑)




トゥザワールド ・・
前走(菊花賞)との比較になりますが、
馬体そのものは遜色ないデキにあると思います。
春先は緩さが感じられた後躯(特にお尻の部分)がしっかりしてきたのは良い傾向だと思います。
やはり距離に対しての不安はありますが、皐月賞2着の実績があるので・・持つのかなァ?(苦笑)


《一週前追い切り》
・トゥザワールド ・・ 栗東CW(重馬場)、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【81.8-66.4-51.8-38.1-12.2】

頭の高い走りは相変わらずなのですが、今回は右手前に替わってからの動きがイマイチでした。
叩くような走りをする馬なので、時計の掛かる馬場状態でこれだけの時計が出せれば十分でしょうケド・・。
最終追い切りは、もう少し柔らかみのある走りが出来れば良いと思いますね。




ヴィルシーナ ・・
前走(エリザベス女王杯)との比較になりますが、
雲泥の差と言っていいくらいに(この馬なりに)良くなっていると思います。 ・・ってか、前走ひでェな~(苦笑)
それでも、もう少しお尻に筋肉が欲しかったりという注文は色々とあるので、あくまでこの馬なりにですね。
(恐らく)押し出されて逃げる可能性が高いでしょうから、自分のペースでどこまで・・というところでしょうね。


《一週前追い切り》
・ヴィルシーナ ・・ 栗東CW(重馬場)、単走 (末強め) ※ジョッキー騎乗
【97.7-81.0-66.1-51.9-38.5-12.7】

7Fから時計を出して意欲的な追い切りを実施しているので、最後は脚が上がってしまった印象です。
直線途中までの動きは悪くなかったのですが、残り100m辺りからバランスが悪くなってしまいます。
最終追い切りでは、最後までしっかりと走れているか?を、しっかりと精査したいところですね。




サトノノブレス ・・
オールカマー出走時との比較になりますが、
当時と比較したら劇的に馬体は(この馬なりに)良くなっていると思います。
どちらかと言えば、時計の掛かる力を要する馬場の方が合っている印象を受けます。
ただ、天皇賞(秋)で見せた【一瞬の反応が悪い】という弱点を持っているので、
中山だと大外をブン回さないと前が詰まる危険性があるのは不安材料ですね。


インを狙う岩田騎手
さとの①


入ろうとするが、馬の瞬発力が足りずモタつく
さとの②


戸崎騎手がインを狙って強行!
さとの③


終~了ォ~(苦笑)
さとの④




デニムアンドルビー ・・
前走(ジャパンカップ)との比較になりますが、
お尻の丸みはキープ出来ていると思います。
ただ・・、小回り向きの馬体という印象はないですし、
2500mのコーナー6回というコースを考えると、(個人的に)推しにくいのが本音ですね。




ジャスタウェイ ・・
前走(ジャパンカップ)との比較になりますが、
写真で観るよりも、実際のパドックでの動きが良い馬なので・・判断が難しいンですよね(汗)
少し気難しい面を見せていますが、馬体の張りなどは前走よりも良くなっていると思います。
後は、2500mという距離をどうこなすのか?というところでしょうね。 ・・後は、鞍上!(苦笑)


《一週前追い切り》
・ジャスタウェイ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【52.8-38.7-25.9-13.4】 (08:27)

ゴールドシップとの併せ馬ですが、2年前では考えられなかった逆転現象ですね(苦笑)
全身を大きく使って、最後までしっかりと登坂出来ており、前走よりも良くなった印象を受けますね。
最終追い切りも坂路だと思いますが、終い最速ラップが踏めれば万全だと(個人的に)考えます。




ゴールドシップ ・・
宝塚記念出走時の写真と比較しますが、
スッキリしていると言えばスッキリしているし、こじんまりしている馬体とも思えるンですよねェ~(汗)
この馬の良さは、強靭なお尻の筋肉量と、それを支える後肢なのですが、
(個人的に)今回の写真では、その力強さを感じることは出来ませんでした。


《一週前追い切り》
・ゴールドシップ ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《内:遅れ》 (末強めムチ) ※騎手騎乗
【52.6-38.7-25.9-13.5】 (08:27)

ジャスタウェイとの併せ馬ですが、手応えで完全に見劣っているのは気になります。
舌を出しながら走っていますが、余裕があるのか・・苦しいところがあるのか・・?
最終追い切りでは、舌を出さずにしっかりと走れているか?に、注目してみます。




《一週前追い切り》
・トーセンラー ・・ 栗東 芝(稍重馬場)、単走 (末強め) ※騎手騎乗
【75.9-60.3-47.3-35.4-12.2】

首の使い方が硬く、あまり伸びの無い走りという印象を受けました。
元々がパワータイプという感じでもないので、重い馬場が影響したのかもしれません。
最終追い切りでは、きちんと手前を替えてしっかりと伸びのある走りが出来ているか?を見てみたいですね。




《一週前追い切り》
・フェイムゲーム ・・ 美浦南W(重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け)
【68.4-53.7-39.4-13.3】

大外を回ってしっかりと走れています。
この馬なりに順調という感じでしょうか。
最終追い切りでは、もう少しビッシリと追い切って欲しいところですが・・。




《一週前追い切り》
・ラストインパクト ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (末仕掛け)
【86.2-69.4-53.2-38.2-12.0】

レーヴデトワール(川田騎乗)との併せ馬ですが、力強い走りで最後まで抜かせないのは好印象でした。
中2週なので、タイムは特筆することもないですが、状態は前走よりも上がっている感じはします。
最終追い切りもしっかりとした脚取りで走れているか?を確認したいですね。
スポンサーサイト

Comment

賭神 says... "やぼな意見ですが"
お気を悪くされたらごめんなさい。

ご紹介いただいたサイト。
過去に見たことがあるのですが
あまり良い印象を持っておりませんでした。
(数回見て、その後見ておりません)


(あくまでも個人的な意見ですが)
典型的などうとでも受け取れる印象植えつけ記事かなと
インチキ占い師に近いテクニックの印象があります。

結局、上位人気の馬が凡走するかもしれないとしか言ってませんし
ファン投票上位馬で4着以下に負ける馬は確実にいます。

レースが終わった後に、(例えどんな結果に終わろうと)小宮氏の言ってたことが当たってたという印象を持つファンは沢山いると思えます。

朝日杯の記事も、結局朝日杯に出したい思惑とホープフルSに出したい思惑が両方あったとしか書いてありません。朝日杯でブライトエンブレムが好走しても、凡走してもどっちでも共感を得られるような書き方の印象しかありません。
(他の記事を見てませんし、クリック等もしてないの最終的にどの馬を推していたのかもしりませんが)

以前見た記事も似たような印象を得ました。


物凄く不遜な意見を申し上げると、こういう記事を信用する方は良く言えば素直、悪く言えば騙されやすい方なのかなと。

結局、関係者しか知らないネタと表現することで、結果をぼかしてどうにでも受け取れる記事して、後は勝手に読んだ人が(ダマされて)良い風に受け取っているダケな気がします。


例え、どんな関係者の思惑があろうと、
能力の足りない馬は勝てませんし、疲労の蓄積している馬は勝てません。
最も状態の良い、勝てる能力を持っている馬を探すという作業は変わらないと思います。
そこをぶれずに予想を行う事が近道かと思います。


長文且つ生意気な意見で申し訳ありません。
2014.12.23 14:56 | URL | #- [edit]
松友ひろし says... "貴重なご意見、有難うございます!"
いつもお世話になっております。
賭神先生、お忙しい中でコメント頂き有難うございます(感謝)

・・・気を悪くするなんて、とんでもないです(汗)
私もこの人(小〇氏)は、基本的に信用してません(;^ω^)

ちなみに、シルクのパーティがどうたらこうたらと書いてありましたが、
(個人的に)同じシルクのネオルミエールの方が【ヤリ】だと考えていましたから。
・・・結果はアレでしたがネ(ノД`)・゜・。

記事云々は置いておいて、
【特別出走奨励金】という存在は全く知らなかったのが本音です。
これって、《知っている》か《知らないか》で全く変わってくるような気がします。
(勿論、【ヤリ】【ヤラズ】かどうかは置いといて・・ですが(汗))
たかだか2000万円を貰うためだけに(故障のリスクを抱えながら)走らせるとは思えませんし、
無論、【一つの情報】として知っておいて損はないかな?程度のことですが、
『有馬終了後にジェンティルが引退式を行うのは、ヤラズの為か?』とか、
所詮その程度ではありますね(^▽^;)



>物凄く不遜な意見を申し上げると、
こういう記事を信用する方は良く言えば素直、
悪く言えば騙されやすい方なのかなと。

結局、関係者しか知らないネタと表現することで、
結果をぼかしてどうにでも受け取れる記事して、
後は勝手に読んだ人が(ダマされて)良い風に受け取っているダケな気がします。


ごもっともなご意見ですね。
もしハズれた(見当違いな買い目など)場合の報告は一切無く、
的中していたら『ホレ、見た事か!』と、大々的に報告されてますね(苦笑)
小〇氏を信用してトウショウフリークを買わなくて良かったです(笑)



>例え、どんな関係者の思惑があろうと、
能力の足りない馬は勝てませんし、疲労の蓄積している馬は勝てません。
最も状態の良い、勝てる能力を持っている馬を探すという作業は変わらないと思います。
そこをぶれずに予想を行う事が近道かと思います。


確かにその通りです。
『オーナーの御前でメイチ仕上げを!』というのは理解出来るのですが、
やり過ぎて失敗したり、生き物の競走なので不測の事態も発生します。
(思いがけない不利や故障馬の煽りを受ける等)
私は(下手くそなりに(汗))調教と馬の状態(+α)で勝負していますが、
賭神先生の先日の記事で、

【一つの評価軸をより深めることより、
複数の評価軸をいかに沢山持つかを意識された方が良いのではないかと思います。
その方が(私は)安心して馬券を買えます。】

というお言葉がありましたが、これは非常に勉強になります。
どうしても一つの包丁(調味料)で料理しようとすると、同じようなものになってしまいがちです。
色んな道具や知識を使うことで、さらに良くなるのでしょうね。
(・・何を言いたいのか、自分でワカラナクなりました。スイマセン(-_-;))


叱咤激励の言葉は(mussyuさんもそうですが)本当に励みになります。
今後も精進して、ブログランキング1位を目指します!(違)

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!!
2014.12.23 17:01 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/328-bb62587c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。