だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯FS 考察④(アテにならないレースラップ)

Posted by 松友ひろし on   8 comments   0 trackback

京王杯2歳S(東京1400m戦)好走馬が朝日杯で好走したレースラップです。

朝日杯


次に、実際にどのようなラップで京王杯2歳Sを勝ったのか見てみます。

京王杯


グランプリボス・・目立つなァ(汗)


最後に、今年行われた東京1400m(特別戦以上)を見てみます。

今年の東京


【結論】
ラップ観れる人・・ヘルプ、ミ~!!!(苦笑)

スポンサーサイト

Comment

mussyu says... ""
ひろしさん、なにやってんすかww



2010年は5F目から加速が発生しているので、持続的に脚を使える馬が好走した印象ですね。

2011年は前半5Fの加速区間が長く、レオアクティブのような馬でも届いたということでしょうか。

中山開催3週目に変更後は差し優勢のデータという話もチラホラ見かけます。

ひろしさんのラップ図を見て率直に思うことは、意外とキレや上がり性能が要求されるレース質に近5年はシフトされているのかもしれませんね。

まぁ砂専の戯言なんで聞き流しておkですよ。

あと画像はサイズ修正しましょうね^^
2013.12.11 10:05 | URL | #- [edit]
松友ひろし says... "有難うございます(嬉)"
さっすがマスター!仕事が早い!!(喜)

個人的な印象として・・
【中盤のラップが緩む】       ⇒ 1800mで好走した馬が有利
【中盤のラップが緩まない】    ⇒ 1400mで好走した馬が有利

を、このレースラップから感じます。

中山コースは向正面が下り坂になっており、
3コーナー入口までにラップが緩まなければ、
(割と)ゆったりペースになりやすい1800m好走馬は、
差を詰められずに届かないのかな?・・・と。

そうなると、5F目~6F目(3コーナー~4コーナー)が加速の場合、
距離延長組(ないし1400m好走馬)が有利と考えます。

もう少ししっかりと調べてみます。

>まぁ砂専の戯言なんで聞き流しておkですよ。

何を仰りますか。
勉強になりました。参考にさせて頂きます!
有難うございました(感謝)


※画像修正ですが・・ファイルを貼り付けるとこんな感じになるので、
出来れば(今は)ファイル添付を使いたくないです(苦笑)
もう少し練習してみたいと思います。
2013.12.11 13:00 | URL | #- [edit]
mussyu says... ""
お疲れ様です^^画像もおkですね♪ヨカヨカ

【中盤のラップが緩む】⇒1800mで好走した馬が有利
【中盤のラップが緩まない】⇒1400mで好走した馬が有利

なるほど、これは面白い見解です。

所謂1400mとは淡々と一定で流れる(弛まないラップ)が多い。
ですのでそういった傾向のある産駒(グラボスなど)が好走したのかもしれませんね。
(ミルコは強引だったけどw)

近年はマイル戦でも持続的スピードが問われないレース質も芝戦ではよく見かけますし、
単純な上がり勝負になることもアタマに入れながら、出走馬からペースを読んでみるのも悪くないかもしれませんね。
2013.12.11 21:49 | URL | #- [edit]
Mタキオン says... "にわかラッパー参上w"
お疲れさまです(・∀・)
いいな~この折れ線グラフ(ここでも言うw)

アナログなMタキさんは数字を並べるしか出来ませんww

まだラップ勉強中なので間違いだらけかもしれませんが、成長のためにひろしさんとディスカッションしたく参上しました(・∀・)

過去6年のラップを見てみたんですが07年、11~12年の3回が4角3番手以内の馬が優勝してます。

その時のラップの共通項が「4F目が速い」ということ。
(07年11.6秒、11年11.4秒、12年11.5秒)
ちょうど3コーナーの入り口のあたりですね。

ここでペースを緩めずに行くとコーナーで後続に差を詰められず行ける、
もしくは後続がマクリ気味に上がって行くとオーバーペースで最後脚が上がる

ということで前に行ってた馬が残るのではないか?と推測します。

でこの3回の連対馬を見るとレッツゴーキリシマ以外の5頭は1600m以上に勝ち鞍あり。
去年2着のコディーノや逃げ切ったゴスホークケンは1800mで勝ち鞍がありました。

ん~一般の見解と逆の感じになってしまってガクガク震えてます(笑)
序盤のペースが速いとマイル以上で結果を残してる馬が有利という見解はおかしいですかね?(^^ゞ

2013.12.11 22:47 | URL | #- [edit]
松友ひろし says... "お疲れ様です"
mussyuさん、コメント有難うございます。

助かりました。
有難うございます(感謝)

調教+馬体を最重要視する私にとって、ショウナンアチーヴの
【美浦坂路での最終追い切り】は、正直、相当ショックです(悲)

ただ、ペース次第では荒れそうなレースではありそうなので、
他の馬を含めて、もう一度しっかりと考えてみたいと思います。

ご意見、参考にさせて頂きます!
2013.12.12 06:44 | URL | #- [edit]
松友ひろし says... "Re: にわかラッパー参上w"
Mタキオンさん、コメント有難うございます。

いやいや、タキオンさんクラスならグラフくらい楽勝ですよ(笑)
私もまだまだ(グラフもラップも)勉強中の身ですので、アテにはなりませんが(汗)

私はラップを見ることは出来ませんが、面白い話をひとつ。

この時期(12月)の中山競馬場において、
夕方の時間帯(朝日杯は15時25分発走)はモロに西日が差し込みます。
その位置が3角~4角なんですよね。
(実際に乗ったワケではないですが(汗))
つまり・・眩しい中でポジションを上げるためには
必然的に外を回すしか無くなってしまいます。
(内目は前の馬(騎手)がいて、下手に動くと接触等の事故に繋がる)

大外ブン回しで差し切ったのは(確か)ドリームジャーニーのみで、
その後の活躍をみても、余程の名馬クラスでないと難しいと考えます。

・・・脱線しましたね(苦笑)

と、なると・・
《4F目~6F目(3コーナーから4コーナー)のペースが緩まない場合、
外を回す馬は届かない可能性が高い。
逆に、緩んだ場合はマクリ気味にコーナーを進出すればポジション上げは可能》
と、個人的には考えています。

また、前に行った馬がペースを緩めなければ内にいる馬が有利なので、
(イン差しは可能だが)基本は前にいる馬が有力と考えます。
(前走の走った距離よりも、コーナーラップ(早ければコーナーリングが上手い)の方が
重要かなぁ・・と考えたりしています)

>序盤のペースが速いとマイル以上で結果を残してる馬が有利という見解はおかしいですかね?(^^ゞ

中山コースはスタート後150m程で2コーナーに差し掛かり、
向正面を下りながら3コーナーに入っていきます。
(外枠の馬を含めて)2コーナーまでに前目のポジションを取るために、
ほぼ確実と言っていいくらいにペースは速くなります。
そして、向正面でペースを落としたいところでの下り坂。
最後に待ち受ける高低差200mの坂!(Aアナか!?(苦笑))

先行馬がペースを緩める(息を入れたい)唯一の場所が
先程の4F目~6F目付近だと思っています。

他に競り合う馬がいなければペースを緩めると思いますし、
突っかかる馬がいれば一気に行くと思います。

・・・何を伝えたいか、イマイチ分からなくなってきました(苦笑)

もう一度、しっかりと考えてみますので、
どうぞ宜しくお願い致します。
2013.12.12 06:45 | URL | #- [edit]
Mタキオン says... "お疲れさまです(・∀・)"
いや~意外とメカに弱いのです(笑)
グラフとか作ったことがないというww

丁寧なお答え(*´∀`)ノゞアリガトゴザイマス.。.・゚

中山マイルは内枠&先行有利は周知のとおり。
ペースが緩まない場合マイル以上で好走してる馬が有利という言い方をしましたが、
よく考えると「マイル以上で結果を出してた馬が先行出来たら有力」という言い方の方が当たってる気がしました(^^ゞ

ひろしさんがおっしゃるように4~5F目でペースが緩むなら序盤を前目に付けれてコーナーで息が入れば、距離実績のある馬が有利となりますね(・∀・)

そこで前半34秒台で前目につけて16以上を勝ったことがある馬に触手が動きます(´艸`)ムププ

ただ今年これに該当してたのがミッキーアイルとオーシャンヒーローだったんですがどちらも出走せず(*ノД`*)タハッ

となると今年は短距離馬の先行争いで差し馬有利か序盤ついて行ける馬が少なくペースは意外と落ち着くか、そんな感じになりそうと思うんですがどうですかね~?(^^ゞ
2013.12.12 16:39 | URL | #- [edit]
松友ひろし says... "お疲れ様です"
Mタキオンさん、コメント有難うございます♪

グラフはエクセルで簡単に作れますよ。
今度、やり方をエバノで送らせて頂きます。
(・・ってか、mussyu兄さんの方が、実はテクってたりします(苦笑))

>中山マイルは内枠&先行有利は周知のとおり。
ペースが緩まない場合マイル以上で好走してる馬が有利という言い方をしましたが、
よく考えると「マイル以上で結果を出してた馬が先行出来たら有力」という
言い方の方が当たってる気がしました(^^ゞ

まさしくその通りだと思います。
フサイチリシャールなどは最たる例だと考えます。

中盤が緩んだ場合は、1800mを差し切った馬に有利(と思う)なのであって、
基本は【内枠・先行馬】から狙うスタンスでいこうかな?と思っています。

枠順次第ですが、ベルカントは意外に逃げない気がします。
(下手に出していくと、昨年のエーシントップ状態になるので)
そうなると、テンは早くとも中盤が緩んで1800m実績馬が有利かな?と。

もう少ししっかりと考えてみたいと思います。
貴重なご意見、本当に有難うございました(嬉)
2013.12.12 23:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/35-95f017be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。