だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(春)【GⅠ】 フォトパドック診断

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

フェノーメノ・・回避ですか・・そうですか・・。
皐月賞に続いて、天皇賞もフルゲート割れですか・・。
何かを根本的に改善しないといけない時期は、とっくの昔に過ぎているような気がしないでもないですが(苦笑)、
速く何らかの手を打って欲しい(例えば距離短縮とか)ところですね。




【《松友ひろし》の(アテにならない)フォトパドック診断】
『天皇賞(春) 編』です。

※1週前追い切り映像があった馬は調教診断を書いておきます。



キズナ ・・
大阪杯出走時(2着)との比較になりますが、
後肢にゆとりが出てきたのか、全体的にゆったりとした馬体になったという印象を受けます。
距離云々に関しては(ペース等も鑑みて)こなせないことはないでしょうから、後は当日の落ち着き次第という感じでしょうね。


《一週前追い切り》

・キズナ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【81.5-66.3-52.0-38.6-12.1】

長丁場のレースなので、気合いを乗せ過ぎないように単走で追っている印象を受けます。
力強い走りは出来ているのですが、手前をコロコロと替えていたのは気になります。
最終追い切りでは(おそらく坂路でしょうが)最後まで同じ手前でしっかり走れているか?を見てみたいと思います。




フェノーメノ ・・
有馬記念(2014)出走時(10着)との比較になりますが、
少し痩せた(ガレた)感じに映りますが、このくらい絞れた感じの方がこの馬は走るのかもしれませんね。
少しお尻~後肢の筋肉量が足りない感じはしますが、当日の気配をしっかりと見てみたいところです。


《一週前追い切り》

・フェノーメノ ・・ 美浦南W(重馬場)、併せ馬《外:先着》 (馬なり) ※騎手騎乗
【82.7-67.5-53.7-39.9-13.3】

折り合いを付けるというか・・抑えることを覚えさせる調教というか・・。
この馬の長所(武器)は、他の馬を力で捻じ伏せるところなので、抑える(調教をやる)必要は・・??という感想ですが(汗)
最終追い切りはしっかりと追ってくるハズなので、そこでしっかりと判断してみたいところですね。




ウインバリアシオン ・・
脚元がまともだったら、どれだけ強かったんでしょうね・・。
昨年の天皇賞出走時の写真と比較すると、やはり筋肉の(内面の)張りがイマイチな印象を受けます。
他馬との力関係次第では好走しそうな雰囲気ではありますが・・どうでしょうね?


《一週前追い切り》

・ウインバリアシオン ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《内:併入》 (馬なり) ※騎手騎乗
【83.8-68.1-52.4-38.2-12.0】

調教駆けする馬であり、終いのタイムを額面通りに受け取りにくい部分はありますが、
相手に合わせるような感じで余裕がありそうな動きは良かったと思います。
最終追い切りでは、併せ馬でビッシリと追って先着出来たらいいでしょうね。




ラストインパクト ・・
阪神大賞典出走時(3着)との比較になりますが、
全体的に筋肉の質が良く、非常にパワーがありそうな印象を受けます。
それと同時に距離に対する不安もあるので(汗)、時計勝負になったときにどうか?という感じでしょうね。


《一週前追い切り》

・ラストインパクト ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《外:先着》 (末仕掛け)
【97.7-81.8-65.3-50.9-37.5-12.1】

軽く仕掛けられただけでスッと反応出来ているのは良いと思います。(・・騎乗者は助手?川田騎手??)
出来ればラスト1F11秒台を切れたら完璧な状態と判断出来るので、最終追い切りに期待してみたいですね。




カレンミロティック ・・
阪神大賞典出走時(4着)との比較になりますが、
全体的に一回り大きくなり、特に腹回りがしっかりしてきた印象を受けます。
こちらも距離の不安がありますが、状態は良いと思います。




アドマイヤデウス ・・
日経新春杯出走時(1着)との比較になりますが、
筋肉質の体付きで、パワーを要する馬場で力を発揮しそうな印象を受けます。
立ち気味のツナギで長距離に不安はありますが、状態は悪くないと思います。


《一週前追い切り》

・アドマイヤデウス ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、単走 (一杯)
【51.1-37.7-24.9-12.7】 (05:57)

最後は脚が上がってしまいますが、テンからしっかりと追われたことは評価出来ると思います。
最終追い切りは(変に)軽い追い切りにならなければ問題ないと判断していいのではないでしょうか。




ラブリーデイ ・・
阪神大賞典(6着)との比較になりますが、
暖かい時期が合っているのか、筋肉の張りが良くなり全体バランスが整った印象を受けます。
この馬も距離に対しての不安が無くもないですが、飛節がしっかりしているので高速馬場の適性はありそうですね。




フェイムゲーム ・・
全体的にバネのありそうな馬体で、柔らか過ぎるきらいはありますが、状態そのものは悪くないと思います。
少し雨が降って時計の掛かる馬場になった方が好走出来そうな感じはしますが・・。


《一週前追い切り》

・フェイムゲーム ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (強め) ※騎手騎乗
【67.8-52.8-38.8-12.9】

コーナーまでの動きは良かったのですが、直線に入って追い出されてからの反応がイマイチだったのは気になります。
本来はもっとスッと反応出来る馬なので、最終追い切りで改善されていればいいのですが・・どうでしょうか。




デニムアンドルビー ・・
前駆がしっかりした馬体になっており、一瞬の加速力勝負では面白いと思います。
ただ、ツナギが立っており後躯の硬さが気になるので、距離延長はプラスには働かないように(個人的に)感じます。




クリールカイザー ・・
蹄が大きく、高速馬場の適性はあると思うのですが、少し気難しそうな顔をしているのは気になります。
長距離輸送を経た後の状態(パドック・返し馬)をしっかりと確認する必要がありそうですね。


《一週前追い切り》

・クリールカイザー ・・ 美浦南W(稍重馬場)、併せ馬《内:遅れ》 (一杯)
【82.9-66.7-51.1-38.7-14.0】

ラストがバタバタになってしまいますが(汗)、全体タイムが相当速いので負荷そのものは掛かっていると思います。
最終追い切りでは軽く仕掛けただけで反応出来れば状態は上がっていると判断出来そうです。




・サウンズオブアース ・・ 
菊花賞時の写真と比較すると、胸前の筋肉が付いてきて全体的にしっかりしてきた印象を受けます。
写真で観る限りでは首の硬さが少し気になるので、最終追い切りの動きをしっかりと確認したいところです。


《一週前追い切り》

・サウンズオブアース ・・ 栗東坂路(稍重馬場)、併せ馬《外:先着》 (一杯)
【54.2-39.2-25.0-12.4】

追い出されてからの反応は悪くなかったのですが、道中フラつきながらの登坂だったのは気になります。
瞬発力はありそうなので、最終追い切りもそれを活かすような調教が出来ればいいのではないでしょうか?




ホッコーブレーヴ ・・
飛節が太く、消耗戦に強そうな馬体という印象です。
昨年の3着馬なので、昨年と同じようなレース(ペース)になれば出番があるかもしれませんね。


《一週前追い切り》

・ホッコーブレーヴ ・・ 美浦南D(重馬場)、併せ馬《内:併入》 (強め) ※騎手騎乗
【65.8-51.1-37.8-13.1】

・・むしろ併走している外の馬の手応えの方が良かった感じがするのですが(苦笑)
仕掛けられてからの反応がイマイチだったのは気になりますが、身体全体を使った走りは出来ていたと思います。
最終追い切りでは併走馬を圧倒出来るような走りをしてくれば面白いと思います。




ゴールドシップ ・・
阪神大賞典出走時(1着)との比較になりますが、
腹構えがシャープになり、お尻~後肢に力強さが増した印象を受けます。
ただ・・、過去2年で結果が出ていないコースなので評価が難しい部分はありますね。
状態そのものは悪くないと思うのですが・・。


《一週前追い切り》

・ゴールドシップ ・・ 栗東CW(稍重馬場)、併せ馬《外:遅れ》 (末仕掛け) ※騎手騎乗
【95.4-80.7-65.8-51.4-38.2-13.2】

相変わらず舌をベロンベロンさせながら走っていますね(汗) もう・・こういう馬なんでしょうね(苦笑)
長めからしっかりやった為にラストは甘くなっていますが、一週前としては上々だと思います。
最終追い切りでは、馬自身が漲る走りをしているかどうか?に注目してみたいですね。




《一週前追い切り》

・ネオブラックダイヤ ・・ 美浦坂路(稍重馬場)、併せ馬《内:先着》 (馬なり)
【計測不能】

動きは悪くなかったですが・・計測不能では何とも(苦笑)
併走馬との手応えで比較すれば余裕はありそうだったので、最終追い切りは仕掛けられてからの反応が見てみたいですね。




《一週前追い切り》

・トーセンアルニカ ・・ 美浦南W(稍重馬場)、3頭併せ馬《中:内先着、外併入》 (強め)
【68.2-52.5-39.2-13.4】

併走馬に隠れてしっかりと観れていませんが、首を下げた走りで長い距離は合っている印象を受けます。
最終追い切りも同じような走りが出来ていれば問題ないと思います。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/424-dba74b9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。