だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞 予想

Posted by 松友ひろし on   1 comments   0 trackback

・菊花賞 予想

◎ブライトエンブレム


色々と不安要素があり、直前のパドック・返し馬を観てからにしますが、現時点での本命です。


トライアル戦(セントライト記念、神戸新聞杯)に関しては【外厩】帰りの馬が多く、
本番(菊花賞)は在厩(外厩に出すと間に合わない)での調整になります。


・セントライト記念(2015年)

《1着》 キタサンブラック   ・・  宇治田原優駿S
《2着》 ミュゼエイリアン   ・・  社台F山元TC
《3着》 ジュンツバサ     ・・  ノーザンF天栄
《4着》 ウイングチップ    ・・  社台F山元TC
《5着》 ベルーフ        ・・  ノーザンFしがらき


・神戸新聞杯(2015年)

《1着》 リアファル       ・・  ノーザンFしがらき
《2着》 リアルスティール   ・・  ノーザンFしがらき
《3着》 トーセンバジル    ・・  外厩なし
《4着》 バイガエシ       ・・  外厩なし
《5着》 ジュンスパーヒカル  ・・  外厩なし

※ピンク文字は菊花賞出走馬


神戸新聞杯に関して、3着以下からの逆転は(個人的に)厳しいと考えています。
では、上位2頭はどうか?

・リアファル      ・・ 中間で時計を出したのは坂路調教のみ。京都3000mに適した調教内容ではない。
・リアルスティール  ・・ 骨折明け緒戦後ということを考慮して時計を出し始めた時期が少し遅い。

能力でリアファルがアッサリという可能性は否定しませんが、積極的に買いたいという感じではないですね。



条件戦からの上がり馬は・・、書くのがメンドイので割愛(苦笑)
スティーグリッツが穴人気しているようですが、調教に関しての強調点はあまり無いかな?と。
(ちなみに・・、前走の九十九里特別は【ノーザンFしがらき】経由。 今回は在厩。 後はお察し下さい(汗))




セントライト記念組は7頭。
ブライトエンブレム以外は【外厩】経由。(厳密に言えば、ブライトエンブレムも外厩みたいなもの?)

タンタアレグリアとブライトエンブレムは前走後、栗東留学というカタチで早めに栗東入り。

ブライトエンブレムは昨秋(朝日杯FS出走時)も栗東留学を実施しているが、結果は7着。
これは、1600mという距離を意識して【坂路調教メイン】とした為に、当日のテンションが高くなってしまった印象。
今回は【CW(コース)と坂路の併用調教】を実施しており、最終追い切りも先着。
(前走のセントライト記念は美浦南Wで併入だが4F追い。 今回は2週連続で栗東CW6F追い先着)


走り方を見ても小回り向きの走りではなく、むしろ広いコースでこその馬だと思っています。
(新馬戦のように伸びるストライドで走るので、春の中山でこの結果を出せたことが異常(苦笑))

調教のやり過ぎで当日のテンションMAXという危険性はありますが、
フォトパドックの印象+調教内容の強化+コース替わり(距離延長)+デビューから乗り替わり無し
というところに期待してみたいですね。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/476-7eaf8f0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。