だから競馬がヤメられないッ!(ギャンブル中〇者のヘラズグチ(苦笑))

About me

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは       不可能に思えるものである。)

          

Imagination means nothing without doing.

(行動を伴わない想像力は、      何の意味も持たない。)

          

I will prepare and some day my chance will come.

(準備しておこう。          チャンスはいつか訪れるものだ。)

スポンサーサイト

Posted by 松友ひろし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJCC 考察③(明け4歳馬について)

Posted by 松友ひろし on   0 comments   0 trackback

明け4歳馬の成績があまり芳しくない気がしたので調べてみます。

過去10年における【中山2200m重賞】の上位馬を調べてみます。

         
【2013年】

出走馬無し


【2012年】

《2着》ナカヤマナイト(2番人気)
《5着》トーセンレーヴ(3番人気)


【2011年】

《4着》コスモファントム(2番人気)
《6着》マルカボルト(4番人気)


【2010年】

《6着》デルフォイ(2番人気)


【2009年】

《10着》ドットコム(8番人気)


【2008年】

《15着》メイショウレガーロ(8番人気)


【2007年】

《1着》マツリダゴッホ(2番人気)
《2着》インテレット(5番人気)
《5着》ジャリスコライト(3番人気)


【2006年】

《2着》フサイチアウステル(2番人気)


【2005年】

《2着》エアシェイディ(3番人気)


【2004年】

《2着》ウインジェネラーレ(3番人気)
《7着》ワールドスケール(1番人気)
《10着》マルロス(11番人気)

※2011年までは【4歳馬:56kg 5歳馬以上:57kg】
 2012年からは【4歳馬:55kg 5歳馬以上:56kg】

・・・あれ?そうでもないや(苦笑)
昨年は出走馬が居なかったので何とも言えませんが、
斤量の変更により、今後は明け4歳馬の好走も増えるかもしれませんね。

今年の明け4歳馬の中では
・フェイムゲーム
・レッドレイヴン

の2頭に期待が持てるのではないか?と考えています。

まずはコチラを。
AJCC⑤
(距離が違うため、1400m地点からのラップ)

ナカヤマナイトの優秀さが良くわかります(汗)
中盤の遅さが気になりますが、レッドレイヴンも悪くはないと思います。



次にコチラを。
フェイムゲームが出走した中山戦(2013年)のラップです。

AJCC⑥

中盤のラップを無視して(しちゃイケマセンが(苦笑))白丸の部分に注目すると、
ラスト2F目で最速ラップ(V字型)の場合は好走していますが、
そうでない場合は着外に負けています。

前走のディセンバーSで《ダービーフィズが好走して、フェイムゲームが凡走した》のは、
この辺りに原因があるのではないか?と考えます。

サトノシュレンが逃げる(前提で)展開であれば、
フェイムゲームの好走確率も上がるのでは?と期待してみます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hiroshi01phoenix.blog.fc2.com/tb.php/74-3facf236
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。